ウォーターサーバー宅配水徹底比較!口コミ人気総合おすすめランキング

ウォーターサーバーの比較で必要なポイント

ウォーターサーバーの比較で必要なポイント

ウォーターサーバーを取り扱うメーカーも増え、それに伴い商品やサービス内容も多様化しています。ウォーターサーバーを選ぶときにはできるだけ数多くの商品を比較し、自分の求める条件に絞って選択していくのが重要なポイント。

そこで、ウォーターサーバーを知らない人にも安心!自分好みのサーバーを選ぶために抑えておきたい項目をピックアップして分かりやすく紹介していきます。

ウォーターサーバーの総合ランキングを紹介します

1位 フレシャス
95点
フレシャス6つの特徴
外形寸法 幅:23cm / 奥行:45cm / 高さ:43cm~
容量 冷水=1.5L・温水=1.5L
水温・湯温 温水 80~90℃・冷水 3.5~8.0℃
レンタル代 無料~(初回のみ or 月々の料金かかる物あり)
水代 897円~/本
電気代 約330円(使用状況により異なります)
フレシャスの特徴&設置例

@sadakitiが投稿した写真

Seikoさん(@seiko.behappy)が投稿した写真

shokoさん(@nonchoco_diary)が投稿した写真

口コミサイトでも話題のグッドデザイン賞を受賞したフレシャスのウォーターサーバーはデザインだけではありません!充実した省エネ機能は電気代を軽減、家計の負担を抑えます。また、ボトルではなくパック形式を採用。軽量で水替えがラクだけでなくゴミもコンパクトに!

フレシャスの口コミ
伊藤さん
年代:20代
部屋のインテリアに合ったデザインのウォーターサーバーを探していたので、種類が豊富なこの会社に決めました。カラーバリエーションも多く、選択の幅が広がって選ぶ楽しさもありました。当初は水なんてどれも同じだろうと軽視してたのですが、フレシャスの水が思いの外おいしくて最近では味にもこだわるようになってきました。
石川さん
年代:30代
以前使用していたウォーターサーバーはボトルが重くて交換が大変だったので、軽量なパック式を採用しているフレシャスに乗り換えました。ボトル式には無かった水の取り換えがラクな点や、使用後はパックを丸めて捨てられる点が気に入ってます。ウォーターサーバーの色も豊富に取り揃えているので、部屋のインテリアとの相性もバッチリです。
simizuさん
年代:40代
犬を飼っているので、ペットも飲めるミネラルウォーター(天然水)を探している時にフレシャスと出会いました。ウォーターサーバーがおしゃれと言う事もあり、すぐに契約。家の愛犬もガブガブ水を飲んでくれるのでウォーターサーバーを導入した甲斐がありました。もちろん夫や子供にも好評で料理などにも使えるのであっと言う間になくなってしまいます。
2位 コスモウォーター
コスモウォーターランキングバナー
shousai
koushiki
90点
コスモウォーター6つの特徴
外形寸法 幅:30cm / 奥行:30cm / 高さ:54cm~
容量 冷水:1.6L・温水:1.25L
水温・湯温 水温6~10℃・湯温80~90℃
レンタル代 無料~(出荷手数料ありのサーバーも)
水代 1250円~/本
電気代 約400~1,000円(使用状況により異なります)
コスモウォーターの特徴&設置例

ボトルを下にセットするタイプの業界内では珍しいウォーターサーバーが特筆すべき点。さらに、口コミで話題のお掃除ロボット付きのウォーターサーバーも扱っており、コスモウォーターがウォーターサーバーに対するこだわりが感じられます。天然水も3種類から選べるのが嬉しいですね。

コスモウォーターの口コミ
ryouさん
年代:40代
楽に冷温水が使えると知り、過去にボトルを上にセットするタイプのウォーターサーバーを利用していましたが、定期的に重いボトルを持ち上げるのが億劫になり解約してしまいました。ですが、口コミランキングサイトで知ったコスモウォーターは、ボトルを下にセットするタイプなんです!腰への負担も軽減されますし、ボトルもセットしやすいので女性でも安心だと思います。
川本さん
年代:50代
天然水の種類が豊富なのでコスモウォーターを選びました。どの天然水もさわやかな喉ごしで飲みやすく、積極的に水を飲むようになるので長年悩まされた便秘が解消しつつあるのが嬉しいです!ボトルは足元で交換できるから重いボトルを持たなくてもいいし、エコボトルなので面倒な回収作業もなく、楽をしたい私にピッタリです
kaoriさん
年代:30代
足元にボトルを設置するタイプなので水の交換がかなりラクです。コスモウォーターのウォーターサーバーは、機能面も充実していて、エコモードで電気代の節約ができたり厳重なチャイルドロック、ボトル交換のタイミングを教えてくれたりと非常に便利です。部屋のインテリアに合った色が選べるのも良いです。長年使うので部屋にマッチした物を置きたいですからね。
3位 アクアクララ
アクアクララランキングバナー
shousai
koushiki
85点
アクアクララ6つの特徴
外形寸法 幅:27.2cm / 奥行:42cm / 高さ:48.7cm~
容量 冷水/1.9L・温水/1.6L
水温・湯温 水温/6~11 ℃・湯温/85~90℃
レンタル代 無料(メンテのサポート料とボトル代のみ)
水代 900円~/本
電気代 約350円~/月(使用状況により異なります)
アクアクララの特徴&設置例

Harukaさん(@haruuka225)が投稿した写真

Harukaさん(@ultraharuka)が投稿した写真

テジタクさん(@tj3298)が投稿した写真

美味しい温水・冷水がすぐに味わえるのはウォーターサーバーの醍醐味です。アクアクララのウォーターサーバーは味だけでなく、カラフルで多種多様なサーバーを取り揃えているので、あなた好みの一台がきっと見つかるはずです!

アクアクララの口コミ
水戸さん
年代:20代
冷水と温水両方が、すぐ使えるのがウォーターサーバーの利点ですね!調理の時に使うと、料理の味もおいしくなる感じがするので、使用頻度も多めです。アクアクララは、逆浸透膜で「ろ過」するだけでなく定期的に放射性物質の検査を行っているので、安心しておいしい水が飲めます。
クリアさん
年代:30代
ウォーターサーバーはどこも定期配送で、次の配送までに使い切れるのか不安でした。ですが、アクアクララは注文してから配送してくれるので、そんな不安がなくなりました。私は1人暮らしなので、このような配送形態は非常に助かります。飲み水以外に水を消費しない私でも無理なく利用できています。
富士さん
年代:40代
4人家族ですが、味よりも電気代を重視して口コミランキングを参考に選びました。アクアクララのウォーターサーバーの省エネ機能はタイマー式なので、利用の少ない夜中は省エネモードになるよう設定しています。この機能は、2つの時間帯まで設定ができるみたいなので、昼間留守にしている間に設定すれば、さらに電気代の節約できそうです。
4位 プレミアムウォーター
プレミアムウォーターランキングバナー
shousai
koushiki
83点
プレミアムウォーター6つの特徴
外形寸法 幅:30cm / 奥行:35cm / 高さ:85cm~
容量 ボトル容量:12リットル
水温・湯温 温水約85゚C前後・冷水約5゚C前後
レンタル代 無料
水代 1480円~/本(プランによって変わります)
電気代 約1,200円(使用状況により異なります)
プレミアムウォーターの特徴&設置例

@pyoonkoが投稿した写真

Minaさん(@minaayu)が投稿した写真

お水本来の美味しさが楽しめるのは、非加熱処理を行っているから。プレミアムウォーターは、徹底的な品質管理を実施しているので、こだわりの天然水を味わう事ができます。そして、配送に便利なスマホアプリも公開中。お水の注文やお届け日の変更がさらに便利に!

プレミアムウォーターの口コミ
高橋さん
年代:30代
口コミランキングサイトでプレミアムウォーターは、スマホのアプリからも注文できると知り、利便性を考えてここのウォーターサーバーを選びました。仕事やプライベートで外出している時も注文できるのは画期的です。気になる水の味も、こだわりの天然水なので美味しいですし、使い終わった後のボトルはコンパクトに畳んで捨てられるので、ゴミ出しの際にも助かってます。
ayakaさん
年代:20代
元々ウォーターサーバーに興味はあったのですが、家電量販店でプレミアムウォーターの試飲イベントをやっていた際に、思い切って契約しました。富士の天然水には今話題のバナジウムが含まれているので、健康志向な私には手放せないものとなっています。プレミアムウォーターのウォーターサーバーには光センサーが付いていて夜中は自動的に電気代が抑えられる点もこのウォーターサーバーの魅力ですね。
5人のママさん
年代:50代
子供が生まれた去年頃から利用しています。プレミアムウォーターのお水は天然水なので美味しくてミルク作りにも重宝しています。お米を炊く時や調理をする際にも使用しているのですが、以前よりもふっくら仕上がって美味しく出来上がる気がします。ボトルを交換する時は差し込むだけで簡単にセッティングできる所が女性にも嬉しいですね。
5位 クリクラ
クリクラランキングバナー
shousai
koushiki
75点
クリクラ6つの特徴
外形寸法 幅:27cm / 奥行:45.2cm / 高さ:51cm~
容量 冷水:2.3L・温水:1.85L
水温・湯温 冷水:約4℃~10℃・温水:約75℃~85℃
レンタル代 無料(初回金掛かるサーバーもあり)
水代 800円~/本
電気代 平均523円~(使用状況により異なります)
クリクラの特徴&設置例

maryさん(@mary.k333)が投稿した写真

Asami Okabeさん(@asamiman)が投稿した写真

まなみさん(@manapi03)が投稿した写真

クリクラのウォーターサーバーは、お試しができるだけでなく違約金がかからないのが何よりの魅力!初心者にも人気があり、老若男女問わず様々な方にご愛用いただいております。5年連続お客様満足度No.1の実績をぜひ体感してみて下さい。

クリクラの口コミ
アイさん
年代:40代
ウォーターサーバーには色々なメーカーがあって、どれがいいのか分からない時に口コミランキングサイトで知った無料お試し期間があるクリクラを利用。お試しだけの予定だったのですが、ウォーターサーバーの便利さとウォーターサーバーレンタル料無料に負けて契約してしまいました。クリクラのお水は、赤ちゃんのミルク作りや料理にも使えるので様々な場面で活躍してくれますよ!
megumiさん
年代:30代
私は震災後の原発の放射能が不安なので、安心して飲める水を飲みたいと思い導入しました。クリクラは工場見学が可能で、水が出来る過程を包み隠さず案内してくれるので、本当に水に自信があるんだなと言う安心感がありますね。色んな用途に使えて、すっきりした飲み心地はクセになります。一度ウォーターサーバーを導入すると水道水や浄水器には戻れません!
森永さん
年代:30代
クリクラは、違約金が発生しないと言う珍しいお水の配達業者だったので軽い気持ちで契約。でも、いざ使ってみると水が美味しいのはもちろんですが、機能がシンプルで使いやすい!子供のいたずら防止のチャイルドロックもついてますし、コールセンターや配達時の対応もよくて使いやすいです。契約してよかったと思います。
6位 うるのん
うるのんランキングバナー
shousai
koushiki
72点
うるのん6つの特徴
外形寸法 幅:34cm / 奥行:37.5cm / 高さ:49.9cm~
容量 冷水:1.2L・温水:1.0L
水温・湯温 冷水:4~12℃・温水:80~90℃
レンタル代 無料~(プランによって変わります)
水代 1385円~/本(プランによって変わります)
電気代 1,000円~(使用状況により異なります)
うるのんの特徴&設置例

美容だけでなく健康にもうれしい成分、バナジウム等のミネラルを豊富に含んだうるのんのウォーターサーバーはお水はもちろんの事、豊富な料金プランを用意。また、口コミサイトでも話題の健康医療相談のサービスを実施しており、健康を視野に入れた「うるのん」ならでは。

うるのんの口コミ
syoutaさん
年代:40代
うるのんのウォーターサーバーなら、ミネラル成分が豊富で、すっきりした喉ごしの富士の天然水が、いつでも冷水が飲めます!スーパーやコンビニで売っている市販の飲料水よりもおいしいと感じます。普段は仕事が忙しく帰りが遅いため、カップラーメンなどのインスタント食品に頼る事が多いので、温水機能が重宝しています。
水野さん
年代:30代
うるのんは、初心者でも分かりやすい料金プランなので、ウォーターサーバーを初めて導入する私でも気軽に始められました。給水口はコック式なので停電時でもお水が出せて、万が一の時でもお水が使えるので安心感が違います。温水レバーと冷水レバー両方にチャイルドロックが付いているので、子供のいたずら防止にも役立ちます。
yukijiさん
年代:20代
近所で試飲会が開催されていた時に飲んだ富士山の天然水の味が良くて導入しました。うるのんでは放射性物質の検査を入念に行っていて安心・安全なので、小さな子供がいる私の家では必需品になっています。バナジウムを多く含んでいるので、健康のためにこれからもずっと続けていきたいです。
7位 アルピナウォーター
アルピナウォーター
shousai
koushiki
69点
アルピナウォーター6つの特徴
外形寸法 幅:30cm / 奥行:31cm / 高さ:59cm~
容量
水温・湯温 冷水:約5℃ / 温水:約85℃
レンタル代 617円
水代 948円~/本
電気代 約900円
アルピナウォーターの特徴&設置例

tokfumiさん(@tokfumi)が投稿した写真

hitomixさん(@hitomix88313)が投稿した写真

アルピナウォーターは、選べるボトルサイズと天然水をさらにろ過した、ピュアウォーターを味わえる点が魅力的です。また、梱包から、配送のインフラまで全て自社の設備で行い、中間コストを省くことでお水の安さを実現。安さでは他のメーカーの追随を許しません。安価で美味しいお水が飲みたい方におすすめです!

アルピナウォーターの口コミ
suzukiさん
年代:20代
引っ越し先の水道水のカルキ臭や塩素のニオイが気になったのでアルピナウォーターのウォーターサーバーを申し込みました。天然水をさらにろ過したピュアウォーターと言う点がとても魅力的だったので。お水はとてもまろやかで飲みやすくて、家族も大満足です。そのまま飲んでも良いし、料理にも使えてとても便利です。
山口さん
年代:30代
知り合いの家で飲んだお水がとても美味しくて、我が家でもアルピナウォーターのウォーターサーバーを申し込みました。大家族でも困らない18.9Lのボトルを取り扱っている所が良いですね。お茶や紅茶を淹れる時、料理の時など色々な用途に使えるのでとても助かります。ウォーターサーバーがあれば毎日安心して美味しいお水が飲めますよ。
広田パパさん
年代:40代
家にもウォーターサーバーを導入したいけど、種類が多くて悩んでました。アルピナウォーターはお水の値段が他のメーカーに比べて安いんです!それが申し込んだきっかけです。お水は安いだけでなく、さっぱりしていて飲みやすいのが良いですね。電気ポットがなくてもすぐにお湯が使えるので、料理やカップ麺を作る際など様々な場面で活躍しています。

その他の比較ランキング一覧

ウォーターサーバーを選ぶ際に参考にしたい比較ランキング一覧です。お水の安全性やウォーターサーバーの機能性など、アナタの目的に合ったウォーターサーバー選びに役立つランキングです。

当ウォーターサーバー比較ランキングの選定基準

メーカーの技術向上によりサーバー本体の安全性や利便性、機能性は充実しており、最近では豊富なカラーやスタイリッシュなデザインでコンパクトなウォーターサーバーも登場しています。

ですが、ウォーターサーバーが多様化すると自分に合ったものを選びやすいというメリットがある反面、比較するポイントが多くて悩んでしまうというデメリットも…。

ウォーターサーバーの安全性や利便性、機能性を重視するのも大事ですが、設置場所やランニングコスト、利用者の口コミなども含めた複数の要素を考慮して選ぶのが重要になります。

そこで、当ウォーターサーバー比較ランキングでは人気の機能から見落としがちなポイントまで、幅広い項目をメーカー毎に比較しながら紹介しています。

サイズやタンク容量

ウォーターサーバーは本体の設置場所やボトル保管スペースを確保しなければならないので、サーバー本体の大きさやボトル容量は重要なポイント。また、内部タンクの容量が何リットルかでボトルの交換頻度や1度に使用できる容量も変わってきます。

水の温度

冷水とお湯の使い分けが可能なウォーターサーバーは、メーカーや商品によって水の設定温度が違います。お湯の場合は料理やコーヒーから赤ちゃんの調乳まで様々な用途で使用できるため、設定温度や温度変更機能の有無は抑えておきたい項目です。

ランニングコスト

ランニングコストとはウォーターサーバーを利用するうえで毎月かかる費用のこと。電気代やサーバーレンタル代、水代がそれに該当します。

特に、電気代はサーバー本体の省エネやエコモードの性能が大きく影響するので、コスト重視であればこだわりたいポイント。

水代や天然水の種類

南アルプスの天然水やサントリー天然水、バナジウム水など、メーカーによって取り扱う天然水の種類は様々で、1,000ml当たりの料金も違います。

天然水に含まれる成分や価格はメーカーの公式サイトに記載されているので、契約前に確認することをおすすめします。

メーカーの特徴

ウォーターサーバー選びには各メーカーの特徴を知ることが大切で、サーバーによって何に重点を置いているかは違ってきます。

アクアクララであれば豊富なデザイン性を持ったサーバー、コスモウォーターならお掃除ロボット搭載のサーバーなど。そのメーカーだけの独自の機能はとても魅力的です。

利用者の口コミや評判

実際に利用している人の口コミは非常に重要。サーバーの使用感は使わないと分からない部分もあるので、口コミや評判は契約前には確認しておきたい項目です。

当サイトでは様々な年齢や家族構成の人の声を紹介しているので、参考にしてみると良いかもしれません。

ウォーターサーバー選びで失敗したくない人へ

ウォーターサーバーを選んで失敗しないためのコツをご紹介します。失敗したから契約しなおそうと気軽にできないものだからこそ、少しでも不安を解消するのは大切な考え方です。

もちろん上手に活用すれば、とても優れたアイテムでもあるので、ぜひ自分にぴったりなウォーターサーバーを毎日の生活に取り入れていきましょう!

使用目的をはっきりする

base

コストや水質、デザインなど特徴やオリジナル性が高いため、数あるウォーターサーバーから決めるのは目移りすることも。

ウォーターサーバーを選ぶ上で、何を一番優先したいのか使用目的をはっきりさせると選択肢が狭まります。

ライフスタイルも考慮する

使用人数や設置する部屋の広さなど、自分の生活環境に合わせたものを選びましょう。ウォーターサーバーの大きさや、メーカーによって最低注文本数や注文ノルマなどもあるため、ストック場所も踏まえて選ぶのも重要です。

出費や手間のリスクも知る

契約から解約までの一連の流れや、どういった部分にお金がかかるのかを把握しておきましょう。セルフメンテナンスの手間も各メーカーの機種によって違うので、注意が必要です。

ランキングサイトや口コミで比較する

数多くあるメーカーを項目ごとにランキング形式でまとめたサイトや、実際に利用している人の口コミを掲載しているサイトもあるので、選ぶ際にはとても参考になります。

ウォーターサーバーについて詳しくなる

ウォーターサーバーは様々な機能を搭載しており、それらの特徴やメリット、デメリットなどの知識を得ると、比較するときに非常に選びやすくなります。

また、サーバー本体だけでなくボトルのサイズや種類、定期・時間指定配送、サービス内容についての情報も、自分に合ったサーバー選びには欠かせない要素なのでしっかり調べておきましょう。

ウォーターサーバー選びで失敗しないために重要なのは徹底した下調べをすることです。メーカー独自の魅力的な機能や評判の良い口コミ、評価も判断材料としては十分ですが、ウォーターサーバーに関する機能や仕組みを知り、最終的には自分の目で判断するのが大切。

そこで、ウォーターサーバーについて知っておきたい特徴や、もう一歩踏み込んで見極めていきたい部分を紹介していきます。

ウォーターサーバーの特徴

ウォーターサーバーとは専用の容器をセットするだけで、冷水や温水をいつでも好きなタイミングで使用できる冷水熱水器具です。

従来は、飲食店などの業務用として開発されたものですが、経済性や衛生面の高さから一般家庭にも広まってきました。使用する水は、メーカーが独自に設けた厳しい安全基準をクリアした水。

さらにウォーターサーバー自体にも雑菌が混入を防ぐ設計を施しているため、いつでも安全な水を飲めるのが、ウォーターサーバーの一番の特徴と言えるでしょう。

また毎回、市販のペットボトル天然水やミネラルウォーターを購入して使うよりもトータル的なコスパはお得。加えて、買いに行く手間も省けるため、ウォーターサーバーの利用へ移行する人が急増しています。

ウォーターサーバーのメリット

もう一歩踏み込んでウォーターサーバーの特徴や魅力を知ると、設置するメリットはもちろん、購入の必要性や選び方のヒントも見えてきます。

水道水より上質な水

ウォーターサーバーで使用する水は水道水独特の塩素臭さがなく、おいしい水なのが特徴的。

ウォーターサーバーの水はメーカー基準ではあるものの、水道水よりさらに高い安全性を実現しており、放射能物質の検出結果なども自主的に公表している企業もあるくらいです。

その安全性に加え、飲むことを考えた美味しさにもこだわった上質な水を、時間や量を問わず自宅で摂取できるのは大きな魅力と言えるでしょう。

幅広い使いみち

また、ウォーターサーバーは飲用だけでなく、幅広い使い方があります。

例えば、お米はミネラル分を含んだ軟水と相性がよく、ミネラルが豊富な天然水で炊いたご飯を食べるとお米のツヤや香り、甘みなどを実感。水道水とウォーターサーバー水の違いは、目では見えないものの味でわかるのです。

さらに、赤ちゃん用のミルクに使う水も、ウォーターサーバーなら最適なタイプを用意できます。

ダイオキシンや環境ホルモンと言った科学物質や微生物を除去するRO膜処理が施された純水なら、不純物が一切入っていない水で赤ちゃん用のミルクにぴったり!

ライフスタイルにあわせて、プラスαの活用方法ができるのもウォーターサーバーのメリットと言えるでしょう。

おいしい水を好きな時に、好きなだけ

「冷たい水を飲みたい」「温かいお茶を飲みたい」と思ってから準備を始めるのは、面倒に感じる人も多いのではないでしょうか?ウォーターサーバーなら準備をせずとも、すぐに飲むことができます。

内蔵されているタンクは、冷水用と熱湯用の2つが内蔵されており、それぞれ常に一定の温度に保って貯水しているのです。

自分たちで利用するのはもちろん、急な来客時でもウォーターサーバーがあれば、用意する時間を節約できてとても便利でしょう。

おしゃれなデザイン

ウォーターサーバーと言えば機能やコスト以外に、デザインも見逃せないポイント。色やデザインもメーカーによって様々で、中にはデザインを重視しているメーカーもあります。

他のウォーターサーバーに比べて値段は安いわけではありませんが、それでも人気なのは利用者がウォーターサーバーをインテリアのひとつとして考えているからかもしれません。

効果・効能にも期待できる

ミネラル成分の一種であるバナジウムは、美容や健康面で注目されています。コレステロール値や中性脂肪値の抑制、老廃物などを排出させるデトックス効果に期待ができるのです。

ウォーターサーバーの天然水には、自然が育んだミネラルが豊富に含まれており、もちろんバナジウムなどの成分も含まれています。

また、ミネラルの過剰摂取が気になる人なら、不純物を含め純水のウォーターサーバーも利用できるため、含まれている成分や効果・効能から、自分に合ったお水選びができます。

ウォーターサーバーのデメリット

メリットが多いウォーターサーバーですが、デメリットもいくつか存在します。

選び方が難しい

今こそウォーターサーバーは、数多くの商品が販売されています。長い期間家に設置することを目的とし出費もかかるため、適当に選ぶこともできず「興味があったけど、選び方がわからない」と、諦めてしまう人も少なくありません。

セルフメンテナンスが必要

水回りは特に雑菌が繁殖しやすい場所のため毎日使うウォーターサーバーは、メーカーに任せるだけではなく、自分でもお手入れが必要です。

安全性や利便性に優れた水を活用する必須行為でもありますが、「知らなかった」「面倒だ」と手間に感じる人も多いです。

ウォーターサーバーを見極めるポイント

どのようなウォーターサーバーを選ぶ基準は、人によって様々。迷ってしまった時は、お客様満足度5年連続No.1のクリクラや、生活家電グッドデザイン賞の受賞経験があるフレシャスなど大手メーカーのものを選ぶのも良いかもしれません。

ですが、しっかりと下調べし、各メーカーを比較しながら自分に合ったものを選ぶのが1番おすすめで、デメリットを回避できる方法でもあります。そこで、ウォーターサーバー選びで役立つ見極めポイントをご紹介します。

費用

最近では、メーカーも多くなってきており価格や特典なども様々、利用するメーカーや水の種類などにより料金は変動してきます。

  • レンタル料金
  • レンタル料金を取らないメーカーも多いですが、その代わりに水代が割高なこともあり一長一短といったところ。サーバーレンタル料金が発生する場合、月々700円~1,500円くらいが相場となっています。

  • 電気代
  • 冷水、温水をいつでも飲めるように24時間稼働させる必要があるため、電気代は必須。こちらは使用するウォーターサーバーによって変わってきます。

    一般的なウォーターサーバーであれば、電気代は大体月1,000円程度。最近では、月400円と電気代が抑えられた省エネタイプのサーバーも登場しています。

  • 水の代金
  • 12Lボトル1本あたりRO水であれば1,000円前後、天然水であれば2,000円~3,000円程と、使用する水の種類やメーカーによって価格は変わります。

    1ヶ月で使用する目安として大人1人12L、料理などに使うのであれば2倍~3倍の量が必要となるので、人数や目的に応じて水の代金は違ってきます。

  • 送料
  • 水を配達するのにかかる送料は、2本以上の購入で無料など最低注文本数が設定されている場合もあります。北海道や沖縄、離島などでは別途送料が発生するタイプもあるので、事前にチェックしておきましょう。

  • サーバーメンテナンス費用
  • 衛生的においしい水を作り出すために必要なメンテナンス費用も、メーカー毎に違います。無料のところは、サーバー自体にクリーン機能が搭載されている場合が多く、メーカーによるメンテナンス作業が不要。

    有料のところであれば、年に1回メーカーがメンテナンスをしてくれます。費用は4,000円~5,000円程度で、メーカーの方に、しっかりメンテナンスしてもらった方が安心という利用者も多いです。

注文方法

ウォーターサーバーのレンタル契約を申し込む際は、ネットか電話での申し込みが一般的。とは言え、各メーカーによって注文方法や支払い方法、配達可能エリアなど確認する必要があるので、これらの項目をしっかりと確認できるネット申し込みが人気です。

  • 最低注文本数や注文ノルマの有無
  • 最低注文本数とは、1回の注文で最低限注文しなければいけない本数のこと。例えば最低注文本数が2本以上だった場合は、1本だけ購入することはできず、2本購入しないといけません。

    毎月の注文ノルマが設定されているメーカーなら、毎月決められた本数以上を購入する必要があり、達成できないと別途料金が発生するところもあります。夫婦や家族、1人暮らしなど生活環境の違いで、条件が負担にならないか注意が必要です。

  • 支払い方法の選択
  • ウォーターサーバーのレンタル契約や水の追加注文などの支払い方法は、クレジットカードや口座振替での支払いが主流です。

    代金引換やコンビニでの支払いができるところもありますが、対応しているメーカーはそこまで多くありません。支払い方法についても、公式サイトに記載されている情報が記載も確認しておきましょう。

  • 配達可能エリアの確認
  • 水やウォーターサーバーの配達可能エリア外だと、宅配することができないため、自分の住んでいる所が配達可能エリアかどうかを確認してから申し込むようにしましょう。

    どんなに安いウォーターサーバーでも、配達可能エリア外では利用できません。

水の種類

base

ウォーターサーバーで使用される水は天然水やRO水など種類があり、それぞれ特徴を掴むと選び方のヒントになります。

  • 天然水
  • 長い時間をかけて自然によってろ過されたミネラルウォーターであり、富士山麓や南アルプスなどが採水地としては有名です。

    ミネラル成分や栄養成分を豊富に含んでいる天然水ですが、消費期限が短く、採水地が限定されているためRO水に比べると値段が高いという特徴があります。(天然水については「ウォーターサーバーで使っているミネラルウォーター(天然水)は4種類!違いは?」でより詳しく紹介しています)

  • RO水
  • RO水とは化学物質や微生物の除去、RO膜処理が施された純水のことを言います。採水地は特に決まっておらず水道水などを原水とし、RO膜を使ったろ過システムによってろ過されたピュアウォーターです。

    不純物をろ過する際にミネラルなども一緒に取り除く為、後からミネラルを添加しているタイプもあれば、ミネラルの過剰摂取を防ぐため純水のタイプもあります。

配送について

base

水が入ったボトルにも種類があり、どちらを採用しているかはメーカーによって異なります。

  • ワンウェイ方式
  • 使い捨てるタイプのワンウェイ方式は、水が減っていくとボトルもどんどん縮小していき、外気の空気がボトルに入らないため、水の鮮度を保つことができます。

    メーカーによってボトルを回収してもらう手間もなく、小さく畳んで資源ごみとして捨てられるのも便利。ですが、畳みやすいよう容器が柔らかくなっているため、宅配中やボトル交換時の衝撃で水漏れをしないよう注意が必要です。

  • リターナブル方式
  • メーカーに頼み宅配、回収してもらうタイプのリターナブル方式なら、ボトルは再利用されるため、しっかりと頑丈で水漏れの心配は無く、ゴミ処理の必要もありません。

    ただし、決まった日に宅配、回収してもらえない場合は、ボトルを保管しておくスペースを確保する必要もあります。また、ワンウェイタイプのボトルとは違い、ボトル内部に多少外気の空気が入る可能性も。

    空きボトルの保管スペースが必要、配達業者の回収日に外出できないなど、リターナブルタイプに不満を抱える人も多く、最近では小さく畳んで捨てることができるワンウェイタイプが人気です。

その他

ウォーターサーバーの選び方としては費用や水の種類、取り扱いの違いだけでなく、オプション機能に注目するのもおすすめです。

  • 省エネ&節電対策
  • 特に、ウォーターサーバーのランニングコストが気になる人は多いのではないでしょうか?最近は省エネや節電対策が施されたウォーターサーバーもあり、電気代を抑えることも可能です。

    家族みんなで愛用する人はもちろん、長く愛用したいと考えている利用者なら、最新の省エネ、節電タイプが良いでしょう。

  • メンテナンス不要タイプ
  • メーカーが行うメンテナンスは、立ち会いや出費の面で不便に感じる人も少なくありません。ウォーターサーバーの中には、自動で内部クリーニングを行うタイプもあり、ボタン一つでメンテナンスができます。

    部品交換などメーカーの対応も必要ですが回数は格段に減るため、共働きや一人暮らしの人からはメンテナンス不要タイプが人気です。

  • 赤ちゃん向けの特別仕様
  • 特に、小さなお子さんや赤ちゃんのミルクにウォーターサーバーを活用する家庭なら、チャイルドロックや段階式温度調節など、特別仕様が施されたタイプもおすすめです。

    大人とは違う子どもが飲む水としての品質だけではなく、子どもがいる環境でも安心して使えるウォーターサーバーという想いで作られているので、より使い勝手の良いウォーターサーバーと言えるでしょう。

まとめ

ウォーターサーバーは宅配水需要や災害に備えた貯蓄水確保を理由に一般家庭に広く普及しており、会社のオフィスでも導入するケースが増え必要性が高まっています。

また、最近では天然水やミネラルウォーターに含まれるミネラル成分に健康や美容、ダイエットにも効果があると注目が集まり、サーバー導入が加速する最大の要因にもなりました。

さらに、ウォーターサーバーの魅力はお子様でも安心しておいしい水が飲めるだけでなく、赤ちゃんの調乳や料理に使用するなど、軟水ならではの幅広い活用術があるのも嬉しいポイントです。

日本国内での需要が高まったことによりウォーターサーバー市場は多様化し、自分が求めるウォーターサーバーを選ぶには正しい知識と情報が欠かせません。

ウォーターサーバーに関する様々な知識を取り入れ、メーカー毎の比較や口コミを参考にしつつ、自分に合った素敵なウォーターサーバーを選んでいきましょう。

お水のコラム一覧

  1. ウォーターサーバーの配置に疑問を持っている女性
  2. 購入ノルマなしで安心して使えるウォーターサーバーをご紹介
  3. 家庭用ウォーターサーバーの賢い選び方

ウォーターサーバー記事

お水に関する知識と情報

PAGE TOP