ウォーターサーバーで使っているミネラルウォーター(天然水)は4種類!違いは?

日本に流通しているミネラルウォーターの定義は、採水地や加工処理方法によって4つに分けられています。水を購入するときは、4つの分類に加えて、硬度も考慮しましょう。飲む目的や備蓄のしやすさなどから、最適な商品を選ぶことが大切です。

水(ミネラルウォーター)には定義があるって知っていましたか?

ミネラルウォーターには定義があるって知っていましたか?
日本のミネラルウォーター(天然水)は、農林水産省が定めたガイドラインによって、4種類に分類されています。殺菌、加工処理の方法や、ミネラルの有無、原水の種類によって定義されます。

ナチュラルウォーターとは

富士や阿蘇など、特定の水源から採れる地下水をナチュラルウォーターと言います。ろ過や加熱などの方法によって殺菌消毒されており、科学的な処理はおこなわれていません。

ナチュラルミネラルウォーターとは

採取される場所、殺菌方法などはナチュラルウォーターと同様ですが、地層に含まれているミネラルや塩化ナトリウムなどが溶解しているのがナチュラルウォーターです。

ミネラルウォーターとは

ナチュラルミネラルウォーターに人工的な手を加えたものをミネラルウォーター(天然水)と言います。科学的な方法で殺菌消毒し、複数の水を組み合わせて安全性や栄養バランスを向上させています。

ボトルドウォーターとは

上記3つを除く、飲料水と定められているすべての水のことをボトルドウォーターと言います。

ミネラルウォーターには味の違いもあるの?

ミネラルウォーターには味の違いもあるの?
お水にもちゃんと味があり、硬度によって飲みやすさも変わってきます。

お水の味が変わる硬度って何?

味が変わる硬度って何?
水1lあたりに含まれているカルシウムとマグネシウム量を示しているのが硬度です。含有量が多ければ硬水、少なければ軟水とされます。日本での基準値は、100mg以下で軟水、300mg以上で硬水とされ、その中間の数値なら中硬水と呼ばれています。

どちらかというと、軟水はクセがなく、まろやかな飲み心地です。商品や個人差によって異なりますが、日本人の口には軟水が合っていると言われています。

お水の硬度が分かる高度計算方法

お水の硬度が分かる高度計算方法
硬度20mgと80mgでは、どちらも軟水と表記されます。より詳しいミネラル含有量を知りたいのであれば、自分で計算してみといいでしょう。

硬度=(カルシウム量×2.5)+(マグネシウム量×4)

上記の式で、1lにつきどれだけのカルシウム、マグネシウムが摂取できるのかが分かります。

ミネラルを積極的に摂取することで、デトックス効果が期待できます。しかし、赤ちゃんや小さなお子さんなどが安心して常飲するには、できるだけ硬度が低い水が望ましいとされています。このように、用途や目的によって、理想の硬度は異なります。

ミネラルウォーターは健康の効果も違うの?

ミネラルウォーターは健康の効果も違うの?
健康や美容のために役立つ飲み水を探しているなら、生活習慣病の予防やダイエット、美肌などを手助けする成分がたくさん摂取できる硬水をおすすめします。しかし、量や飲み方によっては、身体に悪影響を与えることもあるので注意が必要です。

ミネラルウォーターが体に与える効果は?

ミネラルウォーターが体に与える効果は?
人間の身体は、ミネラルを作ることができません。そのため、食べ物から摂り入れる必要があります。特に、カルシウムや鉄は不足しがちと言われています。食事バランスを考えるのが大変な方でも、飲み物からなら簡単に栄養を補えるのでおすすめです。

また、シリカやバナジウムなどを豊富に含んでいる商品も多数販売されています。これらには、コラーゲンの生成を助けたり、血糖値の上昇を抑えたりする効果が期待できます。毎日このような商品を飲み続ければ、美容や健康に役立つ成分をたっぷり摂取できます。

ミネラルウォーターは飲めば飲むほど体にいいの?

ミネラルウォーターは飲めば飲むほど体にいいの?
硬水は、飲みすぎるとお腹が緩くなったり、胃腸が荒れたりすることがあります。硬度の高すぎる水は、ダイエット中などに取り入れるのにはおすすめですが、常飲にはあまり向いていません。ウォーターサーバーを設置するなら、軟水のほうがいいでしょう。

しかし、たとえ軟水であっても、飲みすぎれば身体に負担はかかります。一気飲みは腎臓によくありませんし、冷水だと身体を冷やしてしまいます。1日に1.5lから2lを目安に、常温で少しずつ飲むことが大切です。

ミネラルウォーターで赤ちゃんのミルクを作っても大丈夫?

ミネラルウォーターで赤ちゃんのミルクを作っても大丈夫?
ウォーターサーバー ミルクで赤ちゃんのミルクをつくる際は、安全性が高く、成長に必要な栄養素がバランスよく摂れるものである必要があります。ミネラルウォーター(天然水)は、地下から汲み上げた栄養たっぷりの水を、しっかり殺菌消毒して加工した商品ですので、赤ちゃんにあげる水として安心です。

まとめ

ミネラルウォーター(天然水)は4種類あり、採水地や加工処理の仕方によって分けられます。同じ種類に分類されても、商品によって硬度には違いがあります。健康や美容目的なら硬水、常飲用や赤ちゃんにも飲ませてあげたいなら軟水をおすすめします。また、災害時にも、ミネラルウォーターを備えておけば役に立ちます。ペットボトルだと管理が大変だという方は、ウォーターサーバーを導入するといいでしょう。
水の種類以外にも、シチュエーションや条件に合わせて選ぶことができるのでウォーターサーバーランキングでご希望にあったウォーターサーバーを探してみてください。

お水のコラム一覧

  1. ウォーターサーバーの配置に疑問を持っている女性
  2. 購入ノルマなしで安心して使えるウォーターサーバーをご紹介
  3. 家庭用ウォーターサーバーの賢い選び方
PAGE TOP