水素水って飲むとどんな効果があるの?

水素水って飲むとどんな効果があるの?

体調管理に厳しいアスリートや、体型維持や美しさに気を配っているモデルさんなどに人気の水素水ですが、最近では、美容業界、さらに医療業界でも注目されて始めています。

でも、「なんとなく体に良さそうなのは分かるけど、具体的にどう良いのか分からない。」そんな方もきっと多いのではないでしょうか。

そこで今回は、水素水が私たちの体にどんな良い効果があるのか、またその利用方法まで詳しく調べていきたいと思います。

水素水の効果を知るためには、まず活性酸素について知らなければなりません。

ですから、まずは活性酸素とは何なのか、私たちの体にどのような影響をもたらすのかを見ていきましょう。

体内で悪さをする活性酸素

私たちの体内で日々作り出されているもの、それが『活性酸素』です。

活性酸素は、私たちが食事をしたり、運動をしたり、息をしたり・・・つまり生きているだけで毎日作り出されます。

活性酸素は、非常に酸化力が強く、殺菌効果が強いため、体内に入り込んできた細菌やウイルスと闘うことで、病気などから私たちの身体を守ってくれる大切な役割を果たしています。

しかし一方で、活性酸素はその酸化力の強さゆえ、増えすぎると身体を酸化させサビやすくするというデメリットがあります。

体が酸化すると、老化を早めたり、肌荒れを起こしたり、また様々な病気の原因になるということが分かっています。

そして、厄介なことに私たちは生きている限り、ずっと活性酸素にさらされることになり、活性酸素が全くない状態で生きていくことは不可能なのです。

体内で悪さをする活性酸素

水素水の抗酸化作用

水素水に含まれる水素には、『抗酸化作用』があります。

抗酸化作用とは、体内で過剰に増えすぎた活性酸素を抑える働きのことを言います。

つまり、私たちは活性酸素が全くない状態にすることはできなくても、水素水を飲むことで活性酸素の働きを抑え、身体に及ぼす様々な悪い影響を防ぐことができるのです。

抗酸化作用があるのは水素水だけではない

しかし、食品の中にも抗酸化作用に優れているものは沢山あります。

オレンジやレモンなどの柑橘類や野菜のビタミンC、ナッツ類のビタミンE、赤ワインや緑茶などのカテキン、トマトのリコピン、コーヒーに含まれるクロロゲン酸…など他にも数えきれないほどあります。

では、食事から抗酸化作用のあるものが摂れるなら、わざわざ水素水を飲む必要があるのでしょうか。

水素の活性酸素は特別

実は、活性酸素には『善玉』と『悪玉』の2種類があり、善玉活性酸素は、細菌やウイルスから私たちの身体を守る大切な働きをしています。そのため、私たちの身体とって必要不可欠なものなのです。

しかし、抗酸化作用のある食品を摂りすぎることで、この私たちの身体に必要な善玉活性酸素まで排除することになり、逆に免疫力が下がって疲れやすくなったり、病気になりやすくなったりしてしまうのです。

水素のすごいところは、体内の活性酸素の中でも悪玉活性酸素にだけ作用し、無害な水に変えるという特徴にあります。

つまり、水素水は、身体に必要な善玉活性酸はきちんと残したまま、身体に悪影響を及ぼす悪玉活性酸素のみを体外に排出させるのです。

水素水にはどんな効果があるのか

では、いよいよ水素水の具体的な効果を見ていきましょう。

美容効果

美容効果

水素水は、日焼けや加齢による肌荒れ・シワ・シミ・乾燥・くすみなどに効果があると言われています。

正常な肌はターンオーバーによって日々生まれ変わっていますが、寝不足やストレス・偏った食事や紫外線の浴びすぎなどが原因で活性酸素が増えると、このターンオーバーが正常に行われなくなります。

しかし、水素水を摂取することで悪玉活性酸素を水に変え、体外に排出することができれば、肌の生まれ変わりがしっかり行われるようになり、年齢を経ても美しい肌を保つことができるようになります。

また、水素水は飲むだけでなく、肌に直接塗ったり、お風呂に入れたりすることでも効果が得られるといった研究結果も出ています。

デトックス効果

デトックス効果

水素は地球上の分子の中でも最も小さいため、身体のあらゆる細胞に吸収されやすく、また排出しやすいという特徴があります。

そのため、水素水を飲むことで血液の流れをスムーズにしたり、体内の老廃物を効率よく排出したりすることが可能になります。

また、水素水には利尿効果があるとも言われていますので、むくみの解消も期待できます。

疲労回復効果

悪玉活性酸素は、激しいスポーツや肉体労働など、筋肉疲労をした際にも多く発生することが分かっています。

疲労回復効果

体内で悪玉活性酸素が増えると、あらゆる細胞を酸化させサビつかせることで、機能を低下させ、私たちが活動するために必要なエネルギーさえも十分に作ることができなくなります。

エネルギー不足になった体は、疲れやすく、また疲れがとれにくい体になってしまいます。

水素は、大量に発生してしまった悪玉活性酸素を無害な水に変え、排出する効果があります。

そのため、体に悪玉活性酸素を溜めこむことを防ぎ、結果、疲れにくい体にすることが可能なのです。

水素水が生み出す疲労回復効果とは

健康効果

活性酸素は、ウイルスや細菌を攻撃し、私たちの体を守るために必要不可欠なものです。

しかし、増えすぎることで、その強い酸化力により正常な細胞やDNAまで傷つけ、時には遺伝子を攻撃して細胞をガン化させてしまうことさえあるのです。

こういったことを防ぐためにも、水素水は大変効果的です。

水素は、体のために必要な善玉活性酸素はそのままに、悪玉活性酸素のみ作用して無害な状態に変化させます。

細胞の隅々まで届く分子の小ささ、そして水にも油にも溶け、どんな細胞にも浸透することで、体のあらゆる部分に発生する悪玉活性酸素に届き、水素水でがん細胞を無害化することもできるのです。

水素水はいつ飲むのが効果的か

水素水が私たちの体にもたらす様々なメリットについては、【水素水って飲むとどんな効果があるの?】で検証してきました。

でも、どうせ飲むなら最も効果が出る飲み方をしたいですよね。

では、水素水はいつ飲むのが良いのでしょうか。

水素水はいつ飲むのが効果的か
まず、大前提として、水素水は薬ではないので、必ずこの時間に飲まなければならない、といった決まりはありません。

ですが、やはり効果が出やすいというタイミングはあります。

活性酸素は、私たちがただ普通に生活しているだけでも発生しますが、不規則な生活・乱れた食生活・紫外線の浴びすぎ・喫煙・飲酒・過度なストレスがかかったとき・激しい運動を行ったときなどに、特に大量に発生します。

ですから、

  • 寝起きの一杯に
  • 食事の前後に
  • 仕事の休憩時間に
  • 外出から帰ったあとに
  • 運動の合間に

など、一日数回に分けて飲むのが良いでしょう。

そして、もうひとつおすすめなのは、二日酔いの際です。

二日酔いは、肝臓でアルコールの分解がスムーズに行われていない状態です。

そんな時は、水よりも体内に吸収されやすい水素水を飲むことで、二日酔いの原因であるアセドアルデヒドと悪玉活性酸素の両方を効率的に体外へ排出することができます。

また、美容のために飲みたいという方であれば、寝る前に飲むのもよいでしょう。

寝ている間に肌が修復されることが期待できます。

ただし、むくみやすい体質の方は、あまり沢山飲みすぎないように注意しましょう。

水素の濃度

水素水の単位は「ppm」で表わします。「Parts Per Million」つまり、100万分の1という意味です。

『1ppmは、水1Lに1mgの水素が含まれている』ということを表しています。

水素水を選ぶ際は、この濃度(ppm)に注目しましょう。

水素水の有効濃度

現在各メーカーで販売されている水素水の濃度の基準は、0.8~1.6ppmです。

水素の濃度は、高ければ高いほど良いように思いがちですが、実際はそうではありません。

水素水を容器に充填する際、圧力をかけることで、もっと高い濃度の水素を入れることは可能です。

しかし、ぎゅうぎゅうに詰められた水素は、開封した途端に容器から抜け出してしまうのです。

ですから、容器を圧迫しないギリギリの数値である1.6ppm前後の水素水を選ぶことをおすすめします。

水素水の濃度はいつ測定しているのか

また、この数値(ppm)の測定方法も非常に重要です。

多くの場合、パッケージには、容器に水素水を入れる際(充填時)に測定された最高数値が記載されています。

しかし、その後の加熱殺菌処理などの製造過程で水素が抜け、私たちの手元に届くころには測定値よりも濃度が低くなっているということもあるのです。

親切なメーカーの中には、充填時だけでなく、加熱殺菌処理後や出荷日にも水素水の濃度を測定し公表しているところもあります。

そういったメーカーの商品であれば、安心して飲むことができますね。

水素水は常温で飲むのがよい

水素水は常温で飲むのがよい

水素水を飲む際は常温が良いでしょう。

夏場などはキンキンに冷たい方が美味しく感じるかもしれませんが、体を冷やしてしまう原因になります。冷えは、代謝を悪くするだけでなく、万病の元になるのでおすすめできません。

逆に冬場は、温かくして飲みたいという方もいらっしゃるでしょうが、水素水を鍋や電子レンジで温めることはやめましょう。

水素水は温めることで水素が抜け、ただの水になってしまいます。

また、保存の際は直射日光の当たらない冷暗所がおすすめです。

電子レンジの上や冷蔵庫の脇など、熱を帯びるものの近くには置かないようにしましょう。

水素水に副作用はあるか

これから水素水を飲み始めようと思っている方の中には、「効能や効果は分かったけど、水素水を飲んで下痢や腹痛などの副作用があるのではないか」と心配な方もいらっしゃると思います。

結論から言えば、水素水は薬ではないので副作用はありません。

また例え飲みすぎたとしても、余分な分は排出されるため、体内に蓄積されるようなこともありません。

水素水を飲むことで、日中眠気におそわれる、夕方になると眠くなってしまうといった声も時々聞かれますが、これは、悪玉活性酸素が除去されることで血行が良くなり、代謝が上がって体が温まることが関係しているのではないかと考えられています。

まとめ

水素水の抗酸化作用をうまく利用すれば、私たちはもっと健康で美しくなれることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

ただし、水素水は、薬のように飲んだからすぐに効果が現れるというような即効性のあるものではありません。

また、まだまだ研究段階にあるため、水素水の効果は『プラシーボ効果』つまり、水素水自体には何かを改善するような効果はないのに、あると信じることで効果を感じているのではないか、と考える方もいるようです。

しかしながら、水素が悪玉活性酸素を還元するということは、医学的見地からもほぼ間違いなく、現在のところ最強の抗酸化物質であるということに疑いはないのです。

比較ランキング

サイドバー安全性比較ランキング

サイドバーボトルサイズ比較ランキング

サイドバーデザイン比較ランキング

サイドバー配送・送料比較ランキング

サイドバー1人暮らし比較ランキング

サイドバー機能性比較ランキング

サイドバーコスパ比較ランキング

サイドバー電気代比較ランキング

サイドバーミルク用比較ランキング

サイドバーサイズ比較ランキング

サイドバー賞味期限比較ランキング

水素水比較ランキング

サイドバー飲料水素水比較ランキング

サイドバー水素サプリ比較ランキング

サイドバー水素生成器比較ランキング

サイドバー水素水タンブラー比較ランキング

サイドバー水素水サーバー比較ランキング

サイドバー水素入浴剤比較ランキング

サイドバーペット用水素水比較ランキング

お水のコラム一覧

  1. 購入ノルマなしで安心して使えるウォーターサーバーをご紹介
  2. 家庭用ウォーターサーバーの賢い選び方
  3. ウォーターサーバーをキャンペーンで比較してみよう
PAGE TOP