水の硬度についてトップ画像

水の硬度について~軟水と硬水の特徴と効果

柔らかい水と硬い水といった水の硬度は直接、目で見てわかるものではありませんが、味や期待できる効果といった違いがあります。

軟水と硬水の特徴を知ると毎日の生活で水分補給をするのはもちろん、美容や健康へのアプローチに役立ってくれます。

そこで水の硬度の違いから、軟水と硬水の特徴や効能について調べてみると、水の選び方に使えるヒントが手に入りました。

水の硬度とは?

水には硬度があり、ミネラルウォーター1L中のカルシウムやマグネシウムなどミネラル成分の含有量によって異なります。

世界保健機関(WHO)の飲料水の硬度分類
硬度0~60[mg/l] 軟水
硬度 60[mg/l]~120[mg/l]未満 中硬水
硬度120[mg/l]~180[mg/l]未満 硬水
硬度180[mg/l]以上 非常な硬水

WHOではこの様に分類されますが、硬度の数値は国によって違いがあり、日本では0~100未満を軟水、100以上は硬水とされています。

日本の水の硬度計算については、カルシウムとマグネシウムを炭酸カルシウムに換算したものを硬度としており、換算や測定方法は国によって違います。

また、換算する計算が不要な水の硬度を測定するキットも販売されているので、水道水の硬度を測定する際には便利です。

浄水場のデータを見ると水道水は都道府県によって硬度が違うので、自分の地域の硬度を厳密に知りたいのであれば、測定キットや成分から換算するのも良いでしょう。

軟水と硬水の違い

軟水と硬水の違い

軟水と硬水といっても、もちろん見た目はただの水なので、目で見て軟水と硬水を見極める事はできません。

とは言え、例えば冬場に出る石けんカスは、季節や降水量の影響により水道水の硬度が変化しているのが理由で、水温が低いだけでなく水の硬度が関係している部分もあるのです。

目で見てわからない水の違いも違う形で変化がわかるほど、それぞれ特徴をもっています。この違いを活用すれば、軟水はカラダに優しい日常の飲料水、硬水は豊富なミネラル量を活かした飲料水として、目的や用途に合わせた使い分けが可能なのです。

軟水の特徴と効果

軟水の特徴と効果

日本は石灰岩を含んだ地層が少なく、水に囲まれた島国で水分が地層に滞在している時間が短いので、生活水などは昔から軟水が主流。日本で販売されているミネラルウォーターや天然水に軟水が多いのはそのためです。

軟水と人体のミネラルバランスは似ているため体内へ吸収されやすく、胃や腸への負担が少ないので体に優しいという特徴があります。

また、赤ちゃんのミルクには軟水が良い反面、硬水はミネラル成分が腎臓に負担をかけ下痢などを引き起こす恐れがあるので注意が必要です。

水道水は軟水なので調乳の際に使用しても問題はありませんが、硬度が心配なのであれば季節ごとに硬度測定をして確認するのも良いでしょう。

硬水の特徴と効果

硬水の特徴と効果

ヨーロッパなど石灰岩を含んだ地層が多い国では、硬水が生活水に使用され、エビアンなど海外が採水地になっているミネラルウォーターや天然水は硬水のものが多いです。

また、海外では天然炭酸水も採掘地の影響で炭酸ガスは含まれているものの、ミネラルウォーターの一種として飲まれていますが、何と言っても硬水の特徴はミネラル成分の含有率です。

カルシウムやマグネシウムが豊富に含まれているため、運動時のミネラル補給や便秘解消、ダイエットのための代謝向上効果などにも活用されています。

さらに硬水は軟水と比較するとマグネシウムの量が多いため、しっかりとした飲みごたえや独特の風味、苦味があるのも硬水ならでは。

硬度にこだわって水を飲むなら

日本では天然水やミネラルウォーターなど様々な商品が販売されており、採水地や製造方法によって含まれる成分は違います。

含まれるミネラル成分に注目し、水道水にはない魅力を摂り入れるために天然水やミネラルウォーターを生活水にしている家庭は少なくありません。

コンビニやスーパーでの入手性やCOOPなどの食品宅配サービスの充実など、購入手段はいまや選べる時代なので、どのようにして取り入れるかは家庭によってそれぞれ。

その中でも、家庭設置用として人気なのがウォーターサーバー。天然水やミネラルウォーターを自宅で使用することができ、水入りボトルも宅配してくれるので買いに行く手間がないのも魅力です。

宅配時に使用済みボトルを回収してくれるメーカーもあり、ゴミが少なくなるのも嬉しいポイント。

冷水・温水機能で紅茶やコーヒー、調乳、調理水など様々な使い方ができるだけでなく、サーバー内の衛生管理も徹底しており、常に安心で美味しい水を使用することができます。

ですが、宅配可能エリアがメーカーによって違いますので、利用するのであれば自分の地域が宅配対応してくれるかは事前にチェックしておくと良いでしょう。

まとめ

水道水にはミネラルウォーターほどのミネラルや栄養素は含まれておらず、味もカルキ独特の風味があるためミネラルウォーターのほうが美味しいと感じる人が多いです。

また、味だけでなく成分にも着目し、栄養摂取の手段として生活水にこだわりを持つ人もいます。

軟水や硬水など水の持つ性質や特性を知り、自分の必要とする水を生活水に変えることは、水を楽しむひとつの方法と言えるでしょう。

お水のコラム一覧

  1. ウォーターサーバーの配置に疑問を持っている女性
  2. 購入ノルマなしで安心して使えるウォーターサーバーをご紹介
  3. 家庭用ウォーターサーバーの賢い選び方
PAGE TOP