人体と水の関係性

体に良い飲み物は水?人体と水の関係性

美味しい水を飲みたいと思う人はもちろん、美容や健康をかねてウォーターサーバーを購入する人など、水に対する考え方も様々。

もしかしたら中には「水にお金をかけるなんて…」と考えている人もいるかもしれませんが、私たち人間と水の関係性や、水を飲むことで期待できる効果や効能を知ると、あらためて優れた飲み物だと気付かされます。

水の安全性や過剰摂取による副作用など、水について徹底調査してみました。

からだと水の関係性

からだと水の関係性

人間の身体は半分以上が水分でできており、生きるために必要な脂肪がついた分だけ、その割合は徐々に減っていきます。

赤ちゃんの水分量は8割で、成人になると6割、高齢者の場合さらに5割程度まで低下し、この減少傾向は老化現象のひとつともいわれるくらいです。体内の水分の大半が体液という液体であり、それは生命活動に欠かせないもの。

人は汗や皮膚の水分蒸発で1日2L以上もの水分が奪われますが、食事などにより2L程度の水分を取り入れているので、体液量はいつもバランスが保たれるようになっています。

体液を構成する水分は人間にとって大切であり、生きていくためには必要不可欠な存在と言えるでしょう。

水で期待できる効果

水は人間が生きていくために必要なだけでなく、健康や美容などにも役立つ存在。
そこで、身体にどのような影響を与えてくれるのか、水がもたらす効能を紹介していきます。

健康

健康

水を飲むのは、毎日を元気で過ごすために欠かせない健康へのアプローチも可能です。

  • 免疫力
  • 水には血液の流れをスムーズにする働きがあり、それにより白血球やリンパ球を身体の隅々まで行き渡らせることができます。

    血行促進により、白血球などが十分に働ける体内環境を整えられるため、身体の免疫力をアップさせるのにも役立ってくれます。

  • 老廃物の排出
  • 体内の老廃物はリンパにのって流れていくので、その流れが滞ると老廃物が溜まり、うまく排出できなくなってしまいます。

    水にはリンパの流れをスムーズにする働きがあるため、老廃物の排出促進や便秘対策といったデトックス効果にも期待ができます。

  • 血液がサラサラになる
  • 血液は血中の水分量が適切であればサラサラとスムーズに流れ、少なければドロドロ状態になり血流が悪くなってしまいます。水分補給は血中の水分量を適切にし、体内の血流をスムーズにする働きもあります。

美容

美容

1日に2Lの水を飲むという美容法があるくらい、水はキレイ作りには欠かせない存在です。

  • 肌荒れ予防
  • 水分補給による血行促進効果で、肌の隅々にまで栄養が行き渡るようになるため、栄養不足によるニキビや吹き出物など肌トラブル予防に役立ちます。

  • 乾燥対策
  • 肌を表面から保湿するのも大切ですが、水分補給をして内側からしっかり水分を肌へ行き渡らせることも乾燥肌対策には効果的。

    肌の潤いを保つことで乾燥が原因のシワ、たるみ解消、さらに肌代謝が整うことでシミ対策にも有効です。

  • むくみ解消
  • 水分不足になると、細胞に水を溜め込もうとする働きがあるので、むくみが生じてしまいます。細胞に必要な水分を摂取することで、むくみ知らずのすっきり体質にシフトすることも可能です。

ダイエット

ダイエット

水は健康や美容だけでなく実は、スタイルアップのダイエットにも効果的です。

  • 基礎代謝アップ
  • 水を飲むと血液の流れが良くなるため体温が上昇しやすくなるので、基礎代謝を向上させる効果があります。

    毎日の生活で消費していくカロリーが高まれば、ダイエットの効率も上げることができます。

  • 食欲の抑制
  • 栄養バランスを意識した食生活と、余計なカロリー摂取を抑える食事が正しいダイエットの方法です。

    物足りなさや空腹感を誤魔化すために、水を飲んで余計な摂取カロリーを抑えることができます。

水を飲まないとどうなるか?脱水症状について

水を飲まないとどうなるか?脱水症状について

人間は水を飲まないで過ごしていると、汗や排泄などにより失われていき身体の水分が不足していきます。

そのまま水分補給がされないと脱水症状になってしまい、身体に様々な問題が発生してしまうのです。症状としては目眩やフラつき、頭痛、意識障害などが現れ、酷いと最悪、死に至るケースも…。

脱水症状には低張性脱水や等張性脱水、高張性脱水などの種類があり、特徴や原因も違うので注意する必要があります。

水を飲みすぎても危険?水中毒とは

水を飲みすぎても危険?水中毒とは

水分不足を防ぐため適度の水分補給は重要ですが、だからと言って水を取りすぎるのも問題です。

水分の過剰摂取は水中毒になる恐れがあり、水分を取りすぎて血液濃度が薄くなった結果、血中のナトリウム濃度が低下し、低ナトリウム血症の状態になることを指します。

症状は軽度だと頭痛や吐き気、嘔吐、重度になると意識障害や痙攣などの症状を伴います。過去に水中毒に関して、このような事件がありました。

2007年、アメリカのラジオ局主催で行われた「水飲みコンテスト」で28歳の女性が水を約7リットル飲んで、数時間後に水中毒で死亡 (http://www.afpbb.com/articles/-/2658772より引用)

これは水分の過剰摂取により、致死量を上回る水量を飲んだため死亡してしまったケースです。

致死量と言われる6L以上もの水を日常生活で摂るのは現実的な話ではありませんが、身体に良い水も飲み過ぎると危険な恐れもあります。

身体に良い水の摂り入れ方とは?

毎日飲む水ですから、安全で身体に良いものを選びたいと思う人は多いはず。水道水やミネラルウォーター、お茶、ジュースなど、水にも様々な種類や味がありますが、どのようにして水を摂取するのが身体に良いのでしょう?

安全でコストが低いものを選ぶなら水道水ですが、家庭に至るまでの配管内や貯水タンクの衛生状態に不安があり、天然水に比べると含まれるミネラル量は少ない特徴があります。

また、市販のジュースやお茶の場合、糖分や保存料、防腐剤を使用したものを毎日飲むことになりおすすめできません。身体に良い水という点では、天然水が飲めるウォーターサーバーが良いでしょう。

都度、購入するペットボトル水に比べるとウォーターサーバーの方が安上がりなのに加え、ミネラルなどの栄養を豊富に含んだ品質や安全性のレベルも高くなっています。

身体に良い上質な水で健康や美容、ダイエットに効果的なアプローチをするために、ウォーターサーバーの天然水を飲んでみてはいかがでしょうか?

お水のコラム一覧

  1. ウォーターサーバーの配置に疑問を持っている女性
  2. 購入ノルマなしで安心して使えるウォーターサーバーをご紹介
  3. 家庭用ウォーターサーバーの賢い選び方
PAGE TOP