逆浸透膜とは?トップ

逆浸透膜とは~RO水と純粋・天然水との違い

逆浸透膜は水をろ過する際に使用され、水から不純物を取り除くことで安全性を高める優れた技術です。

逆浸透膜の原理や仕組み、そして逆浸透膜でろ過された水の特徴を知ると、家庭用の浄水器やウォーターサーバーの導入が急増し注目されている理由も見えてきます。

このろ過技術によって処理された水と天然水との違い、導入時の選び方なども調査しました。

逆浸透膜処理とは

逆浸透膜処理とは

逆浸透膜とは、水以外の微粒子やイオン物質を透過させない半透膜を意味し、RO膜とも呼ばれます。逆浸透膜は不純物を除去する技術として、浄水器やウォーターサーバーの水にも使用されています。

また、純水を必要とする医療現場や精密装置の製造工場での需要も高く、飲料水以外にも様々な製品や分野で活躍中。さらに、放射性物質の除去が可能なため、逆浸透膜を使用した浄水器や処理を施したミネラルウォーターの需要はさらに高まっています。

実際に、逆浸透膜は海水の浄化や廃水再利用にも応用されており、限られた地球資源を有効活用するために使われている技術でもあるのです。

RO水の魅力

RO水の魅力

RO水とは、ウォーターサーバーで使用される逆浸透膜による処理を施した水のことです。原水は水道水や地下水などメーカーによって様々ですが、逆浸透膜による処理で不純物やカルキを除去してより安全に飲める水に変えて販売しています。

ですが実は、逆浸透膜を透過すると栄養やミネラル成分までも取り除いてしまうので、RO水の場合は純水にした後で人工的にミネラル成分を調整しています。

とは言え1度純水にしているため、水の分子以外はほぼ除去され安全性が高いのは魅力的。また、水道水からでも作れる処理方法なので製造コストが抑えられ、結果的に安価な値段で購入することができます。

生活水をより手軽で安全に使用するため、RO水のウォーターサーバーを導入する家庭も増えてきています。

天然水との違い

ウォーターサーバーで取り扱われているのは天然水とRO水の2種類が一般的です。味やコスト、安全性などで様々な違いがあるため、目的によってどちらを選ぶかは変わってきます。

味の違い

逆浸透膜処理した水は水道水と違ってカルキ臭さはないものの、天然水に比べると味は劣ります。

その点、天然水には自然独特のまろやかさがあり、おいしい水としての評価も高いため味を優先して水を選ぶ場合は天然水を選択する人が多いです。

コストの差

ウォーターサーバーを利用する場合、水は定期的に購入する必要があるため多少の料金差でも使い続けると大きな額になります。

水道水や地下水から製造できるRO水は、商品によって採水地が限定されている天然水に比べ低価格なので、コストを重視するのであればRO水を選ぶのが良いでしょう。

安全性

RO水も天然水も不純物を取り除くフィルターは通しているので安全性はほぼ同等。天然水の場合は自然本来の栄養やミネラル成分を残すために逆浸透膜を透過させていませんが、だからといってRO水に安全面で劣るわけではありません。

少しでも気になるのであれば、1度純水にしているRO水を選ぶのもおすすめです。RO水も天然水もそれぞれ特徴があり、どちらを選択するかはユーザーの自由です。目的や用途に合わせて水の種類を選べるのは、ウォーターサーバーの魅力と言えるでしょう。

RO膜でろ過した水を使うなら

RO膜でろ過した水を使うなら

水道水のカルキ臭さや衛生面で不満を持つ人が増え、より安全に使用できるよう逆浸透膜浄水器やウォーターサーバーを導入している家庭が増えてきています。

小型の逆浸透膜浄水器であれば価格は3万~4万円程度、3,000~4,000円のレンタル費用で電気が不要なタイプもあり経済的です。

ですが、逆浸透膜でろ過をする過程で水量の損失があるため、入れた水量に対し出る水量は3割り程度。そのため浄水器のデメリットとしては、水道代がかかる部分が当てはまります。

さらに、ろ過された水道水は純水になり不純物がない状態ですが、同時にミネラル分なども取り除かれるので全く味のしない水に。

かたやウォーターサーバーでRO水を使用する場合は、サーバーレンタル料や水代、電気代などランニングコストは多少かかりますが、ろ過した後でミネラル分を調整しているので味や栄養もしっかり含まれています。

しかも、既に逆浸透膜処理された水が宅配されるため、浄水する時間や手間もかかりません。逆浸透膜でろ過した水を使うのであれば、美味しくミネラル成分を含んだRO水が利用できるウォーターサーバーを導入するのがおすすめと言えるでしょう。

まとめ

放射能汚染や水質悪化が問題視され、生活水に不安を感じる人は急増しています。逆浸透膜処理技術は水から一切の不純物を取り除くことで安全性を高め、有害物質から身体を守ってくれる素晴らしい技術。

それを取り入れる手段は技術の発展に伴い様々な形で存在し、ユーザーが自由に選択できるほど幅広くなってきています。

今や、生活水を安全で美味しい水にするためには目的や用途に合ったウォーターサーバーの選び方をしていくのが大切です。

ですが、構造上0.0001μの穴が開いたフィルターで水以外の有害物質を除去する仕組みになっていますが、現状は穴の大きさが不揃いで有害物質を満足に除去できない商品も流通してしまっている状態。

需要が高く人気が出るのに比例して、類似品や粗悪品の恐れも増えてくるので、ぜひウォーターサーバーの商品情報や口コミを確認するようにしましょう。

比較ランキング

安全性比較ランキング

ボトルサイズ比較ランキング

デザイン性比較ランキング

配送・送料比較ランキング

一人暮らし比較ランキング

機能性比較ランキング

コスパ比較ランキング

電気代比較ランキング

ミルク用比較ランキング

サイズ比較ランキング

賞味期限比較ランキング

PAGE TOP

おすすめウォーターサーバーランキング・人気の宅配水を徹底比較!


ウォーターサーバーの選び方が分からない方必見!ウォーターサーバーのメリットやデメリット、メーカーや機種の特徴を知ると、自分にぴったりなウォーターサーバーが見えてきます。料金や宅配方法、メンテナンス、水の種類などウォーターサーバー選びの際に比較したいポイントと、失敗しないコツをご紹介!