バッグインボックス(BIB)の優れた活用方法

水を携帯できるバッグインボックス(BIB)の優れた活用方法

ウォーターサーバーに使う容器の中でも、水を携帯できるバッグインボックスという種類があるのを知っていますか?

サーバー台を設置しなくても使えるバッグインボックスの特徴や歴史、実際に愛用している人の活用方法を調べてみると、メリットやデメリットが見えてきました。

ウォーターサーバーだけではない、バッグインボックスの活用術は他と比較して大きな違いと言えるでしょう。

バッグインボックスとは

バッグインボックスとは

バッグインボックスとは、プラスチック製の内装容器や袋とダンボールケースの外装容器から構成される液体用の容器で、液体を輸送する時などに使用されます(略称BIB)

天然水やジュース以外にもワインの容器としても使用されており、ガラス瓶やワイン箱が不要で輸送しやすく瓶やワイン箱等のゴミ削減にもなるため環境面でも優秀。

容器に蛇口が付いているタイプの場合、それ単体でディスペンサーとしても使用できるため、ディスペンサーの中身交換用の袋としても用いられます。

バッグインボックスは、ミネラルウォーター以外にも様々な飲み物を輸送する際に使われていますが、その特徴やメリット、デメリットをまとめてみました。

メリット

メリット

液体輸送用容器としてコンパクトで価格も安く、捨てる時は分別袋に入れて処分できるので使い勝手が良いタイプ。

また、内装の容器や袋の内部に空気が入りにくい構造になっているため衛生的なのに加え、使い切りなのでメンテナンスの手間も必要ありません。そのため緊急や災害時用品として、備蓄アイテムや保存水としても使用可能です。

デメリット

BIB専用のウォーターサーバーでないと冷水・温水は使用できないので、それ単体で使用する場合、液体の温度は常温になってしまいます。

災害時の備蓄や保存水として使用できますが、袋の容量によっては20kg近い重量になり、未開封での保存期間は1年程度で液体の品質を保つために買い替えが必要。

バッグインボックスとは、ウォーターサーバーのような設置型で使用するというより、短期間での利用や持ち運び、災害時など特別な場面で活躍するタイプのディスペンサーと言えるでしょう。

他と比較して

バッグインボックスとはどういった場面で活躍するのか、他のサーバーと簡単に比較してみました。

ウォーターサーバー

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーは家で気軽にミネラルウォーターを飲めて、冷水・温水を作る機能もあるのが魅力的。また、ウォーターサーバー水は業者が配送してくれるので、手間もかからず便利です。

ですが、毎月電気代やサーバーレンタル料金、ランニングコストなどもかかり、衛生状態を維持するため定期的な清掃やメンテナンスは必須。

ウォーターサーバーは家に設置し、バッグインボックスはアウトドアやイベント用にと、長所を活かして使い分ける人もいます。

ペットボトルサーバー

市販のペットボトルを取り付けるタイプのペットボトルサーバーは、水以外にもジュースやお茶など様々な飲み物を楽しむことができます。

とは言え、清掃やメンテナンスは必須で、ジュースやお茶がサーバー内に残ってしまうと、汚れの原因や味の変化などが起こる可能性があり衛生上良くありません。

バッグインボックスタイプはその都度使い切りで、内装容器や袋の内部に空気が入りにくいため安心して使用できます。

最近では日田天領水やシリカ水、ジュース、ワインなどにもバッグインボックスタイプの商品が販売されているので、混合するのではなく飲み物ごとに使うのが良いかもしれませんね。

利用者の口コミ評判

実際にバッグインボックスを使用している人達の口コミを紹介していきます。

愛知県
女性
年代:30代 サントリー天然水の利用者
家庭用にバッグインボックスとサーバー台を一緒に利用しています。サントリーの水はナトリウム1.0mg、カルシウム1.5mgなど栄養豊富なのも嬉しいポイントですね。子どもが大きくなったら持ち運んで家族でBBQをしようと計画中です。
岐阜県
女性
年代:40代 富士桜名水の利用者
旦那の仕事場や家庭用、災害時用などで使い分けています。ウォーターディスペンサーは最初いらないと思いましたが、やっぱり家で使うには不便で後から購入。初めからセットで購入しておけばよかったです。
静岡県
男性
年代:20代 ダスキンの利用者
色んな天然水を飲みたい人には、バッグインボックスタイプやウォーターディスペンサーはオススメですね。契約不要で必要な分だけお届けしてくれますし、様々な天然水を楽しむことができます。

まとめ

ウォーターサーバーとバッグインボックスタイプでは使う場面が違うので、普段使いとイベントで使い分けるのがオススメです。バッグインボックスなら費用が安く使い切りなので、天然水を試してみたい時などにも使えます。

取り扱っているメーカーによっては、バッグインボックスをより便利に使えるサーバー台の販売もあるので、使い方にあわせて選ぶことも可能です。ぜひ、自分のライフスタイルに合ったバッグインボックスの活用方法を見つけましょう!

お水のコラム一覧

  1. ウォーターサーバーの配置に疑問を持っている女性
  2. 購入ノルマなしで安心して使えるウォーターサーバーをご紹介
  3. 家庭用ウォーターサーバーの賢い選び方
PAGE TOP