ウォーターサーバーは本当に安全なの?

ウォーターサーバーは本当に安全なの?

便利な機能や水代の安さも大切ですが、毎日使うウォーターサーバーは安全であることが何よりも重要です。ここでは、様々な観点から見たウォーターサーバーの安全性についてご説明したいと思います。

ウォーターサーバーを安全性で選ぶための比較ポイントは?

安全なウォーターサーバーを選ぶためには、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。着目すべきポイントを見ていきましょう。

水質に関して着目するポイントはココ!

  • 天然水の場合、採水地が明確であるか
  • 工場の衛生管理・品質管理は万全か
  • 定期的な水質検査を実施し、その結果を公式サイトなどで公開しているか

サーバーの構造や機能にも着目しよう!

  • メーカーによる定期的な有人メンテナンスがあるか
  • 雑菌が繁殖しないためのオートメンテナンス機能がついているか
  • お手入れがしやすいか

メンテナンスはココに着目しよう!

  • サーバー内部に空気やホコリが混入しづらい構造か
  • サーバー内に入る外気を綺麗にするクリーンエアシステムはついてるか
  • チャイルドロックはついているか、またはオプションでつけられるか

他にもこんな点に着目して!

  • 妊婦さんや高齢の方などは、足元ボトルや容量が少なく軽いボトルが安全
  • 転倒防止のための対策はされているか

やはり気になる!ウォーターサーバーの水の安全性

ウォーターサーバーの安全性で、やはり1番気になるのは水質です。ウォーターサーバーの水質は実際のところどうなのでしょうか。また、メーカーでは安全な水を提供するためにどのような対策を講じているのでしょうか。

ウォーターサーバーVS水道水、安全性が高いのはどっち?

ウォーターサーバーVS水道水、安全性が高いのはどっち?

水道水はウォーターサーバーよりも水質の安全基準が厳しいため、基準項目や基準値だけを見れば、水道水の方が一見安全に思えるかもしれません。

しかし以前にも水道水についてご紹介したように、水道水には塩素や水道管の汚れなど、色々と問題点も多いのです。

一方、ウォーターサーバーのメーカーでは、食品衛生法に基づく水質管理はもちろん、サーバー自体の衛生面に関しても様々な工夫をしているため、安全性は非常に高いと言えます。

ウォーターサーバーの安全対策は?

ウォーターサーバーのメーカーが行っている水質に関する安全対策は大きく分けると、①水質、②サーバーの機能、③メンテナンスの3つがあります。具体的にどんなことを行っているのか見ていきましょう。

①水質

以前にもご紹介したように、ウォーターサーバーの水には、大きく分けてRO水と天然水の2種類があります。

RO水は、RO膜(逆浸透膜)という非常に目の細かいフィルターを使用してほぼすべての不純物を取り除き、水分子以外ほとんど何も含まない純水を作り上げています。

一方、天然水は水本来のおいしさやミネラルなどの成分を残すためにRO膜は使用していないものの、ろ過・沈殿・加熱殺菌などを行っているため、衛生面での心配はありません。

また、どちらも徹底した衛生管理のもと工場で製造・充填し、厳しい水質検査や人の目による丁寧な点検を行った上で出荷しています。

②サーバーの機能

メーカーによっては、定期的にタンク内に高温の温水を循環させるオートクリーン機能や、タンク内に取り込む外気をキレイにするクリーンエアシステムを搭載するという方法で、サーバー内を衛生的に保っています。

また、水が減る度に収縮するタイプのボトルなら、カビや雑菌の原因になる外気がタンク内に入るのを防ぐことができます。

③メンテナンス

自動メンテナンス機能がついていないサーバーの多くは、定期的にメーカーによるメンテナンスを行っています。メンテナンスでは、不具合や劣化部分の修理・交換はもちろん、サーバー内の徹底的な洗浄も行います。

有料か無料かはメーカーによって異なりますが、安全で衛生的な水を飲みたい方はぜひ行うことをオススメします。

放射能の心配がない安全性の高いウォーターサーバーは?

放射能の心配がない安全性の高いウォーターサーバーは?

2011年の東日本大震災による原発事故以来、飲料水への放射性物質の混入を心配される方はとても多くなっています。もちろん、どのメーカーも水質基準をクリアした安全性に問題のない水を提供しています。

しかし、ただ安全と言われても、どこでどのような検査をしているのか、そしてその検査結果が具体的にどうだったのかが分からなければ、心から安心することはできないでしょう。

ですから、本当に放射線の心配がない安全性の高いメーカーを選ぶ基準としては

  • 定期的な検査を行っているか
  • 公式ホームページに水質検査の内容や結果を公開しているか

の2点に着目してみて下さい。放射性物質の問題は一時的なものではないため、1度検査を行い何も検出されなかったからといって、その後もずっと安心とは限りません。

ですから、定期的な検査を行い、その検査結果を消費者がいつでも見られるように公開しているかどうかはとても重要です。

さらに、外部の専門機関で検査を行っているメーカーであれば、より安心です。上記の条件をクリアしているメーカーをいくつかご紹介します。

サントリーウォーターサーバー

ウォーターサーバーの水質基準より厳しい水道法の水質基準51項目に、さらにサントリー独自の項目を加えた約200項目の検査を行っています。

放射線物質においては、月に1回ゲルマニウム半導体検出器という放射性セシウムを精密に測定することができる機器を使用し、全国の工場の製品検査を行っています。

プレミアムウォーター

独自に設けた厳しい品質管理規定に基づき、毎日1時間ごとに水質検査を行っています。また、外部検査機関により毎月放射性セシウム・放射性ヨウ素の検査を行い、その結果を毎月ホームページ上に公開しています。

アクアクララ

2011年から外部検査機関によるセシウム・ヨウ素の放射性物質に関しての検査を隔月で行っていますが、2012年からは食品中の放射性物質の新たな基準値に対応し、検出下限値をさらに下げ精度を高めた検査を行っています。そして、ホームページ上に分析結果を公開しています。

子供にとって安全なウォーターサーバーとは?

水自体の安全性はもちろん、小さなお子さんがいるご家庭では大人とは違う視点で気をつけなければいけないポイントがいくつかあります。

チャイルドロックは必須

チャイルドロックは必須

小さなお子さんは何にでも興味を持つので、ウォーターサーバーのボタンやコックがあれば触ってみたくなるのは当然です。

また、イタズラする気がなくても、たまたま手が触れてしまったり、つかまり立ちの際にコックを握ってしまったりすることも大いにあり得ます。

しかし、ウォーターサーバーの温水は80~90度と高温なため、万が一かかってしまえばヤケドをする恐れもあります。ですから、お子さんのいるご家庭にウォーターサーバーを設置する際は、チャイルドロックの有無を必ず確認しましょう。

また、2015年に経済産業省では「チャイルドロックに関する事故防止策の検討及び取りまとめ」として

  • チャイルドロックの解除を行うための操作手順を2回以上にする
  • 解除に要する力を上げる(押す・ひねるなどの解除動作を硬くする)

など、小さな子どもが簡単にお湯を出せない工夫をするようメーカー側に要請しています。ウォーターサーバーを選ぶ際は、チャイルドロックの有無だけでなく、子どもが解除しにくいものであるかどうかもチェックする必要があるのです。

上記の2つのうちいずれかの条件が当てはまるサーバーをご紹介しましょう。

メーカー名 機種名 チャイルドロックの仕様
プレミアム
ウォーター
スタンダードサーバー 温水にチャイルドロック+チャイルドロックカバー
cado×PREMIUM WATER
  • 本体背面にチャイルドロックスイッチ
  • 冷水→温水切替えボタンは3秒長押し
サントリー
ウォーター
サーバー
  • チャイルドロック
  • 扉の内側に全操作ロックボタン
コスモ
ウォーター
らく楽スタイルsmart
  • 冷水/温水にチャイルドロック
  • 冷水/温水にチャイルドロックプロテクター(別売)
フレシャス ボトルベーシック / サイフォン / コラボモデル チャイルドロックを押しながら給水レバーを押す
アルピナ
ウォーター
給水は下記のいずれかの方法で行う(機種による)
A. 上下の羽をつまんで押し上げる
B. コックを回して押し下げる
C. コックの前後をつまんで押し下げる

もしものための転倒防止対策

最近はスリムなウォーターサーバーが多いため、狭い場所にも設置でき、スッキリ見えるというメリットがあります。

一方で、床との接地面が小さい割に高さがあり、さらにサーバー上部に重い水ボトルをセットするためバランスが取りづらく、接触や地震の際に転倒する可能性も否定できません。

サーバーの重量は20kg前後、水ボトルを合わせるとさらに重くなるため、お子さんの上に倒れたりすれば大変な事故になってしまいます。

そのような事故を防ぐため、アクアクララやクリクラでは壁とサーバーの背面を固定できるよう「転倒防止ワイヤー」や「ハーネス」が付属されています。

また、コスモウォーターの「らく楽スタイルsmart」やプレミアムウォーターの「cado×PREMIUM WATER」、フレシャスの「slat(スラット)」など、水ボトルを足元にセットするタイプのサーバーは、重心が下がるため安定感があり、倒れにくいというメリットがあります。

地震やお子さんのイタズラによる転倒が心配な場合は、このタイプのサーバーもオススメです。

さらに、卓上タイプのサーバーなら、高さが約50㎝と通常のサーバーの半分ほどなので(ボトルの高さは除く)、倒れにくく、また万が一倒れた際にも衝撃を最小限に抑えることができます。

赤ちゃんにはミネラル分が少ない水を

赤ちゃんにはミネラル分が少ない水を

美容や健康を意識している方に大変支持されているミネラル分たっぷりの天然水ですが、赤ちゃんのミルクを作る際には少し注意が必要です。粉ミルクにはもともと赤ちゃんの成長のために十分なミネラル分が含まれています。

その上、水からもミネラルを摂取すれば、未熟な赤ちゃんの内臓(特に胃・腸・肝臓)は処理しきれず、大きな負担がかかってしまいます。

ですから、赤ちゃんのいるご家庭の場合は硬度ができるだけ低いナチュラルミネラルウォーターや、ミネラル・不純物を完全に取り除いたピュアウォーターを選んだ方が安心です(※カルシウムとマグネシウムの含有量が多いほど、硬度の高い水と言えます)

ウォーターサーバーを安心安全に使うためには?

ウォーターサーバーを安心安全に使うためには、まずは、水質・衛生面・機能において安全対策をしっかり行っている信頼できるメーカーや機種を選ぶことが大切です。

その上で、こまめにお手入れをする、小さいお子さんがいるご家庭なら設置場所や転倒防止対策をする、チャイルドロックを解除している姿を見せないなど、各ご家庭でできる安全対策もきちんと行いましょう。

まとめ

水道水はお住まいの地域によって水源や浄水場が決まっているため、水道法による基準はあるものの地域によって水質は異なります。

よく自然豊かな場所の水道水はおいしいが、都会の水はカルキ臭いと言われる原因はここにあります。しかし、引っ越しでもしない限り、消費者に水道水の種類を選ぶことはできません。

一方、ウォーターサーバーは、天然水にするかRO水にするか、採水地は何を基準に選ぶか、自動メンテナンス機能がついているサーバーにするか、メーカーの定期メンテナンスがあるサーバーにするかなど、全て自分で選択できます。

しかし、だからこそ自分自身で安全なウォーターサーバー比較でしっかりと見極める必要があるのです。基本的にはサーバーや水の安全性についてホームページ上に細かく記載しているメーカーが安心です。

もし、ホームページ上で知りたい情報を得ることができなければ、メーカーに直接連絡し疑問に思うことは確認しましょう。家族が毎日飲む水ですから、心から安心できるものを選びたいですね。

比較ランキング

サイドバー安全性比較ランキング

サイドバーボトルサイズ比較ランキング

サイドバーデザイン比較ランキング

サイドバー配送・送料比較ランキング

サイドバー1人暮らし比較ランキング

サイドバー機能性比較ランキング

サイドバーコスパ比較ランキング

サイドバー電気代比較ランキング

サイドバーミルク用比較ランキング

サイドバーサイズ比較ランキング

サイドバー賞味期限比較ランキング

水素水比較ランキング

サイドバー飲料水素水比較ランキング

サイドバー水素サプリ比較ランキング

サイドバー水素生成器比較ランキング

サイドバー水素水タンブラー比較ランキング

サイドバー水素水サーバー比較ランキング

サイドバー水素入浴剤比較ランキング

サイドバーペット用水素水比較ランキング

お水のコラム一覧

  1. 購入ノルマなしで安心して使えるウォーターサーバーをご紹介
  2. 家庭用ウォーターサーバーの賢い選び方
  3. ウォーターサーバーをキャンペーンで比較してみよう
PAGE TOP