水の品質確認をする女性

ウォーターサーバーを衛生的に使う方法とは?

家族に安全な水を飲ませたい、美容や健康のために品質の良い水を飲みたい、そんな思いで設置したウォーターサーバーの水が、もしも汚れていたとしたらあなたならどうしますか?

今回は、ウォーターサーバーを衛生的に使う方法や各メーカーが行っている衛生面への対策について詳しく解説していきたいと思います。

ウォーターサーバーは本来とっても衛生的なんです!

ウォーターサーバーの水は、採水から製造・ボトルへの充填・検査、そしてサーバーの機能に至るまで、私たちが安心して飲むことができるよう、各メーカーが安全面・衛生面において十分な配慮をしています。

ウォーターサーバーの水は食品衛生法を遵守しています

ウォーターサーバーの水は、食品衛生法に基づく26の水質検査項目をクリアしなければ販売することはできません。

ですから、現在流通している天然水やRO水は、少なくともこの基準をクリアした衛生的で安全な水であることは間違いありません。

メーカーによっては、食品衛生法の検査項目よりさらに厳しい規定を設けているところもあります。

ウォーターサーバーを衛生面で比較しよう

ボトルの中に入っている水が衛生的であることはお分かり頂けたかと思います。

しかし重要なのは、ボトルからサーバー内のタンクを通り、コックをひねって出てくる水、つまり実際に私たちの口に入る水が安全かどうかということです。そこで、各メーカーのサーバーの衛生面を保つための工夫を見ていくことにしましょう。

ワンウェイボトルは外気が入りにくい!

ボトル内の水を空気圧で押し出すガロンボトルと違い、水が減るごとに収縮するタイプのワンウェイボトルは、雑菌の繁殖の原因となる外気がボトル内に入り込みません。

ワンウェイボトルの表

クリーンエアフィルターはサーバー内に入る空気をキレイにします

クリーンエアフィルターはサーバー内に入る空気をキレイにします

サーバー内に取り込む空気をキレイにすることで雑菌の繁殖を抑えるシステムで、空気清浄器などに使用されているHEPAフィルターを使用しているメーカーもあります。

クリーンエアフィルターの表

温水循環システムならタンク内を清潔に保てる!

オートクリーンシステムやセルフクリーン機能、クリーンサイクルシステムなどメーカーにより名称は異なりますが、サーバー内に定期的に温水タンクの熱湯を循環させることで、雑菌が繁殖しない衛生的な環境を作るというシステムです。

また、アクアクララには温水循環システムはついていませんが、冷水タンク内に強力なUV除菌ランプを搭載することで、水をクリーンに保っています。

温水循環システムの表

サーバーを丸ごと徹底洗浄する定期メンテナンスは衛生的

定期メンテナンスでは、修理や部品の交換だけでなく、サーバーを分解して細かい部分まで洗浄・消毒をしてくれるため大変衛生的です。

ウォーターサーバーの口コミを見る

定期メンテナンスの表

衛生管理の仕方次第では不衛生になる?

ウォーターサーバーの水は高い衛生管理のもとに製造されているため、本来はとても衛生的です。しかし、水ボトルやサーバーの管理の仕方次第では不衛生になることもあり得るのです。

ウォーターサーバーに雑菌が繁殖?

ウォーターサーバーの水は、水道水のように塩素や薬品による消毒は行っていません。そのため、1度開封してしまうと外気の影響を受けやすいという特徴があります。空気中の目に見えない雑菌がサーバー内に入って繁殖してしまう可能性も否定できません。

しかし、先ほどご説明しましたが、各メーカーではサーバー内部、特にタンク内を衛生的に保つために様々な工夫を凝らしています。にも関わらず不衛生になってしまうのは、どういう理由からでしょうか。

その原因のほとんどは、実はお手入れ不足によるものです。

ウォーターサーバーのタンク内の衛生を保つには?

タンク内の衛生を保つお手入れというと何だか面倒に感じてしまいますが、特段難しいことではありません。どなたにもできる簡単で基本的なものばかりなので、ぜひ、実践してみて下さい。

ボトルの差込口を拭く

ボトルの差込口を拭く

水ボトルの差込口やボトルとサーバーのつなぎ目は、ボトル交換の際に水滴がついたり、ホコリが入ったりと不衛生になりやすい部分です。

ボトルを新しいものと交換する際にキレイに拭き、仕上げにアルコールスプレーで除菌しましょう。

直射日光が当たらないようにする

直射日光が当たらないようにする

サーバーや水ボトルに直射日光が当たると、水が劣化しやすく雑菌も繁殖しやすくなります。

いくら優れた機能を持つサーバーでも、タンクに入れる水が汚れていては元も子もありません。サーバーや水ボトルに直射日光が当たると、水の温度が上昇することで劣化しやすく雑菌も繁殖しやすくなります。

ですから、サーバーやボトルを日差しの強い窓際に設置しないこと、やむを得なく設置する場合は遮光カーテンをするなどの工夫をして、直射日光が当たらないように細心の注意を払いましょう。

タンク以外の衛生面にも気をつけて!

タンク以外にも汚れやすい部分がありますので、しっかりお手入れしましょう。

給水口を拭く

給水口(水が出る箇所)は人の手が触れやすい部分です。特に小さなお子さんは、色々なものを触った手でコックや給水口を握ったり押したりするため、細菌が付着する可能性が高くなります。

また、コーヒーやインスタントラーメンにお湯を注いだ際に汁が飛ぶため、気がつかないうちに結構汚れています。水が直接触れる部分なので、清潔にしておきましょう。

汚れはこまめに拭き取ること、1日1回を目安にアルコールスプレーでサッとふくことを習慣づけると良いでしょう。

水受け皿を洗う

水受け皿には、水やお湯を注いだときにこぼれた水が溜まっているため、そのままにしておくと雑菌が繁殖し、カビやぬめりの原因になってしまいます。

溜まった水はこまめに捨て、1~2日に1回は取り外して食器用洗剤で洗いましょう。

電源を切らない

光熱費がもったいないからと言って、サーバーを使わない時間帯などに電源を切ることは絶対にやめましょう。一般的に、雑菌の繁殖率は30~40度位が最も高いと言われています。

通常、サーバー内は冷水や温水を一定の温度に保つことで雑菌の繁殖を防いでいますが、電源を切ることで温水の温度が下がり、冷水の温度が上がってしまえば、水の衛生状態は非常に悪くなってしまいます。

まとめ

衛生面に配慮したウォーターサーバー比較して選んだ上で、日々のお手入れをこまめに行うことが、ウォーターサーバーを衛生的に使うコツであることがお分かり頂けたのではないでしょうか。

毎日気持ちよくウォーターサーバーを使うために、ぜひ参考にしてみて下さい。

ウォーターサーバーサイトのTOPに戻る

比較ランキング

安全性比較ランキング

ボトルサイズ比較ランキング

デザイン性比較ランキング

配送・送料比較ランキング

一人暮らし比較ランキング

機能性比較ランキング

コスパ比較ランキング

電気代比較ランキング

ミルク用比較ランキング

サイズ比較ランキング

賞味期限比較ランキング

PAGE TOP

おすすめウォーターサーバーランキング・人気の宅配水を徹底比較!


ウォーターサーバーの選び方が分からない方必見!ウォーターサーバーのメリットやデメリット、メーカーや機種の特徴を知ると、自分にぴったりなウォーターサーバーが見えてきます。料金や宅配方法、メンテナンス、水の種類などウォーターサーバー選びの際に比較したいポイントと、失敗しないコツをご紹介!