ウォーターサーバーの水に放射能の心配はないの?

ウォーターサーバーの水に放射能の心配はないの?

2011年に発生した東日本大震災での原発事故以降、放射能汚染の影響により水の安全性に対し不安や疑問を持つ人はとても多くなり、ウォーターサーバーを設置するご家庭が増えました。

しかし、多くの人が安全と信じているウォーターサーバーの水は、本当に放射能汚染のない安全な水なのでしょうか。ウォーターサーバーのお水の安全性について調べてみると、なぜ放射能を含まない安全な水と言われているのかが分かってきました。

放射能の心配がない安全性の高いウォーターサーバーとは?

あなたが、安全な水を飲むためにウォーターサーバーを設置するのなら、ウォーターサーバーのメーカーが扱っている水の種類や、メーカーがどのような安全対策を取っているのかを知っておく必要があります。

ウォーターサーバーの水に放射性物質が含まれている可能性は?

ウォーターサーバーの水には大きく分けて天然水とRO水がありますが、天然水の採水地の多くは、原発事故による放射能汚染の影響がない山梨・静岡などの富士山の麓や、長野、島根、京都、熊本などの地域です。

そして、その採水した天然水にろ過や非加熱殺菌などの処理をして、安全な飲み水にしています。一方、RO水の多くは、河川の水やボトリング工場付近の水道水などを原水としています。

河川の水や水道水と聞くと、特に放射性物質の飛散があった地域にお住まいの方は、水質に不安を覚えてしまうかもしれません。

でも安心して下さい。RO水は、RO膜(逆浸透膜)という水分子以外ほとんど何も通すことができないほど非常に目の細かいフィルターで原水をろ過しています。

そのため、塩素・細菌・ウイルスや、ダイオキシン・ホルムアルデヒドなどの環境ホルモンはもちろん、ヨウ素・セシウムなどの放射性物質もしっかり除去されたとても安全な水なのです。

ウォーターサーバーの水の放射能除去方法

では、ウォーターサーバーの水の安全性をRO水と天然水に分けて、さらに詳しくご説明します。

RO水の場合

家庭用浄水器で使用されている活性炭フィルターの目の大きさは1ミクロン(1/1000㎜)で、カルキ臭や花粉・カビ胞子などを取り除くことができます。

しかし、放射性セシウムはもっとずっと小さい0.001ミクロン、放射性ヨウ素に至っては0.0005ミクロンですから、万が一水道水に含まれていた場合は活性炭フィルターを簡単に通り抜けてしまいます。

一方、RO水で使われているRO膜は、0.0001ミクロン(1/1000万㎜)と、活性炭フィルターとは比較にならないほどの超微細孔です。そのため、RO膜でろ過した水は不純物の99.9%以上が除去された、限りなく安全な水になります。

天然水の場合

天然水の場合

天然水は、山や大地に降り注いだ雨や雪が何十年、何百年という長い年月をかけて何層もの地層に滲み込みながらゆっくりとろ過され、地下に蓄えられたものです。

つまり、今地表にある雨水や雪解け水が地下水となり、飲めるようになるのは何十年~何百年も先ということになります。

もともと放射性物質の影響がないエリアの中でも、さらに現在の地上の変化に左右されない地下水を汲み上げ、国で定められた基準値に従い沈殿やろ過などの方法で不純物を取り除いている天然水もまた、とても安全な水と言えます。

ウォーターサーバーの放射能検査について

ウォーターサーバーの放射能検査について

原発事故以降、多くのウォーターサーバーのメーカーでは、自主的に放射性物質の検査を行っています。そして、現在のところ、ウォーターサーバーの水から放射性物質が検出されたという事実はありません。

しかし、より確実な安心感を得たいのであれば、放射能検査を定期的に行い、検査結果を公式サイトに公開しているメーカーを選ぶのも一つの方法です。

例えば、アルピナウォーターは原発事故以降ほぼ毎月、食品環境検査協会や薬剤師会検査センターなどの専門機関に依頼して放射性物質検査を行い、分析報告書をサイト上で公開しています。

他に、アクアクララやプレミアムウォーターなど多くのメーカーが外部専門機関による定期的な検査を行っています。

もちろん、分析結果を公開していないからといって信頼できないメーカーであるということでは決してありません。水の安全性を判断する一つの材料として参考にして頂ければ良いと思います。

ウォーターサーバーと水道水、放射能の心配がないのはどっち?

ウォーターサーバーの水の安全性は前述した通りですが、水道水はどうでしょう。原発事故の直後は、水道水に微量の放射性物質が検出され話題になったことがありました。

現在は浄水場ごとに水道水の放射性物質の測定を定期的に行っており、測定結果を水道局のホームページで見ることができます。いずれの地域でも、国の放射性セシウムや放射性ヨウ素の基準値を下回っているため、基本的に水道水は安全と言えます。

ただし、あくまでも国が定める基準値を下回っているのであって、全ての水道水の放射性物質の含有量がゼロであるということではありません。

ですから、原発事故の際、放射性物質が問題になった地域にお住まいの方や、放射性物質が限りなくゼロに近い水を飲みたいという方であれば、水道水よりもウォーターサーバーの水、特に高いろ過システムを用いたRO水を選んだ方が安心と言えるでしょう。

赤ちゃんは放射能の影響を受けやすい!?

赤ちゃんは放射能の影響を受けやすい!?

赤ちゃんは大人以上に飲み水には気を配る必要があります。その理由として、赤ちゃんは大人に比べ、甲状腺(のどの周り)の細胞分裂が活発であることが挙げられます。

細胞分裂が活発であるということは、様々な物質を取り込みやすいということなので、放射性物質も吸収しやすくなってしまいます。

特に放射線ヨウ素は、甲状腺に溜めこまれる性質があるため、影響を受けやすい赤ちゃんの飲み水には大人以上に注意を払ってあげる必要があります。

また、大人よりも将来がずっと長い赤ちゃんは、今後何十年と生きていく中で、現在は出ていない放射能による何らかの影響が出ないとも限りません。

ハッキリと分かっていない不安要素をできるだけ取り除いてあげるためにも、赤ちゃんには安全な水を与える必要があるのです。

放射能の危険が少ないウォーターサーバーを選ぶには

以上のことから、どんな点に気をつけてウォーターサーバーのメーカーを選べばよいかをまとめてみました。

  • 天然水は、原発事故の際に放射能の飛散がなかった地域の水を選ぶ
  • 地表の影響が限りなく少ない、採水地点が深い天然水を選ぶ
  • 定期的に水質検査をしていて、その結果を公表しているメーカーを選ぶ

まとめ

放射能は目で確認することができず、またカビやサビなどによる水質汚染と違い、臭いや味で分かるわけではありません。

だからこそ、放射能の心配がない安全な水を提供しているのがどのメーカーなのか、自分自身で見極める必要があります。

不安を持ったままウォーターサーバーを使用しないためにも、ぜひこのページを参考に信頼できるメーカーを選んで下さいね。

比較ランキング

サイドバー安全性比較ランキング

サイドバーボトルサイズ比較ランキング

サイドバーデザイン比較ランキング

サイドバー配送・送料比較ランキング

サイドバー1人暮らし比較ランキング

サイドバー機能性比較ランキング

サイドバーコスパ比較ランキング

サイドバー電気代比較ランキング

サイドバーミルク用比較ランキング

サイドバーサイズ比較ランキング

サイドバー賞味期限比較ランキング

水素水比較ランキング

サイドバー飲料水素水比較ランキング

サイドバー水素サプリ比較ランキング

サイドバー水素生成器比較ランキング

サイドバー水素水タンブラー比較ランキング

サイドバー水素水サーバー比較ランキング

サイドバー水素入浴剤比較ランキング

サイドバーペット用水素水比較ランキング

お水のコラム一覧

  1. 購入ノルマなしで安心して使えるウォーターサーバーをご紹介
  2. 家庭用ウォーターサーバーの賢い選び方
  3. ウォーターサーバーをキャンペーンで比較してみよう
PAGE TOP