ウォーターサーバーは節約の味方!

ウォーターサーバーを設置すると、いろいろと出費がかさんでしまうのではないかと心配される方は多いと思います。しかし、意外にもウォーターサーバーには、家計の節約になるポイントがたくさんあるのです。

そこで今回は、ウォーターサーバーが私たちの暮らしのどのような部分で節約に役立つのかを、詳しくご説明していきたいと思います。

ウォーターサーバーを使うと電気代が節約できる

電気代画像
家計の節約と聞いて1番に思い浮かぶのは、電気代ではないでしょうか。
そこで、まずはウォーターサーバーはどれくらい電気代がかかるのか、そしてウォーターサーバーがなぜ電気代の節約になるのかを見ていきたいと思います。

ウォーターサーバーのワット数はどれくらい?

ウォーターサーバーの消費電力は、ワット数で表わされます。冷水が80~95ワット、温水が350~400ワット、合計450ワット前後と、どのメーカーもさほど大きな違いはありません。

ウォーターサーバーのワット数

メーカー別ワット数画像
このワット数を電気代に換算すると、月々1,000円ほどになります。少しでも電気代を節約したいと考えている方にはとっては、少々高いと感じる金額かもしれません。

節電タイプのサーバーで電気代は格段に安くなる

ウォーターサーバーの1ヶ月1,000円という電気代は、容量2Lの電気ポットを1日2回沸騰させ、1日中保温しておいた際の電気代とほぼ同じです。そう考えると、あんなに小さい電気ポットも結構電気代がかかるんだな、と思ってしまいますよね。

ただし最近は、1ヶ月の電気代が300~500円ほどに抑えられる節電タイプのウォーターサーバーがたくさん出ています。電気ポットに比べ、電気代はなんと年間6,000~8,000円も安くなる計算です。

赤ちゃんのミルクを作るため、また1日数回お茶やコーヒーを飲むために電気ポットを使用している方は、節電機能のついたウォーターサーバーに切り替えることで、電気代がかなり節約できます。

冷蔵庫の開閉を減らすと節電になる

冷蔵庫のドアを開けている時間が長いと、冷気が逃げて庫内の温度が上がります。すると温まってしまった庫内を元の温度まで冷やすため、たくさん電力を使ってしまいます。

そうは言っても夏場はのどが渇きますよね。ペットボトルの水を出したり、ジュースを出したりと1日に何度も開け閉めしてしまいます。

そんなとき、ウォーターサーバーがあったらどうでしょう。ウォーターサーバーならコックをひねるだけでいつでも冷たい水が飲めるので、扉の開閉による電力のムダ遣いがありません。

おすすめのウォーターサーバーを比較しています

ウォーターサーバーはガス代が節約できる

ガスを使ってお湯を沸かしている女性
コーヒーやお茶を飲む際、料理をする際、カップラーメンやカップスープを作る際など、1日のうちでガスを使ってお湯を沸かす機会は意外と多くあります。

例えば、ヤカンで1Lの水を1日3回沸かした場合、1日のガス代金は6.9円、1ヶ月で210円ほどになります。

省エネ方法を1回実施した際のデータ
http://www.tokyo-gas.co.jp/ultraene/data_kitchen02.html (東京ガス公式サイトより引用)

ウォーターサーバーなら、85度前後のお湯をいつでも利用できるため、お湯を沸かすためのガス代がまるまる節約できます。

ちなみに、上記の1ヶ月210円という料金は都市ガスの場合です。あなたのご家庭で使用しているのが、もしもプロパンガスなら、ガス料金は都市ガスの2倍近くになることも少なくありません。

プロパンガスは、ガス会社が価格を自由に設定できるため、一般的にガス代が高い傾向にあるのです。

プロパンガスをお使いの方が、ガスでお湯を沸かす代わりにウォーターサーバーを使用した場合、1ヶ月で約400円、1年間で5,000円近くもガス代が節約できます。

ウォーターサーバーを設置すれば備蓄水代が節約できる

災害など、万が一に備えてストックしておきたい備蓄水。でも、保存期間が5~6年と長い備蓄水用のペットボトルは、2L入りが200~300円と通常の水に比べてかなり割高です。

でも、通常のペットボトルは賞味期限が1~2年なので頻繁に買い替えをしなければならないからちょっと面倒…、そんな方にもおすすめなのがウォーターサーバーです。

実は、ウォーターサーバーの水も賞味期限は半年~2年ほどと決して長くはありません。しかし、毎月コンスタントに配送してもらえるため、届いた順に使っていけば、普段使いしながら常に新しい備蓄水を準備しておくことができるのです。

ウォーターサーバーを使用していれば、わざわざ長期保存用の高い備蓄水を買わなくても大丈夫です。

ウォーターサーバーはジュース代の節約にもなる

ウォーターサーバーの水を飲む女の子
のどが乾いたら冷蔵庫を開けてジュースを飲むというお子さんは少なくありません。親としては、水分補給は糖分が入ったジュースではなく、水にしてほしいと思うところですが、習慣化してしまうと改善するのはなかなか難しいものです。

ところが、「ウォーターサーバーを設置してから子どもがよく水を飲むようになった」という口コミをよく見かけます。

お子さんにとって、ドリンクバーのように自分でボタンを押し、コップに水を注いで飲む行為はとても楽しいものです。自分から積極的にウォーターサーバーの水を飲むようになれば、糖分を摂りすぎる心配がなくなり、ジュース代も節約できて一石二鳥です。

企業とのセット割でお得になるウォーターサーバーも

宅配水メーカーのなかには、電力会社などとセットで利用することで、お得な割引が受けられるものがあります。

アクアクララ光

NTT東日本・NTT西日本が提供する光ブロードバンドサービス「アクアクララ光」と、アクアクララのウォーターサーバーをセットで利用すると、毎月の支払い料金から500円割引、年間6,000円割引が受けられます。

エネワン×ウォーターワン

業界トップクラスの低価格プランを提供しているエネワン電気は、ウォーターサーバーとのセットで月々150円割引、LPガス・ウォーターサーバーのセットで月々250円割引とお得になります。また、Pontaカードをお持ちの方には、お支払い200円ごとに1ポンタポイントが加算されます。

au WALLET×フレシャス

au WALLET(ウォレット)とは、auのスマホや、auひかりをお使いの方が利用できるプリペイドカードで、買い物をするたびにau WALLETポイントがたまるというものです。このカードを使って、フレシャスのレンタル料がかかるサーバーを利用すると、最大11ヶ月間、毎月540WALLETが還元されます。

ウォーターサーバーで水道代も節約することができる?

料理、炊飯などに使う水をウォーターサーバーの水にすることで、水道代が安くなるかと言えば、その部分に関してはあまり期待できません。

一般家庭で水を使用する割合は、

1位 風呂 40%
2位 トイレ 22%
3位 炊事 17%
4位 洗濯 15%
5位 洗面・その他 6%

となっています。

家庭での水の使われ方
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kurashi/shiyou/jouzu.html (東京都水道局 平成24年度一般家庭水使用目的別実態調査より引用)

この中でウォーターサーバーの水を使用するのは、3位の「炊事」の中でも食器洗いなどを除く「調理」に限られます。この水をウォーターサーバーに代えたとしても、水道代に影響するほどにはならないでしょう。

しかし、ウォーターサーバーの水を炊事に利用することのメリットは、水道代の節約ではなく、ほかの部分にあります。

例えば、お味噌汁を作る際にお湯を沸かす手間が省けること、天然水を使用することでご飯がふっくらとおいしく炊けること、究極の軟水であるピュアウォーターを使用することで出汁の成分がしっかりと抽出され、煮物がおいしくできあがること、などです。

ウォーターサーバーの水を使うことで、調理の時間が短縮され、よりおいしい食事を作ることができること、それがウォーターサーバーを炊事に利用するメリットです。

まとめ

出費が増えてしまうと思われがちなウォーターサーバーですが、電気代やガス代などさまざまな部分で節約につながることがお分かり頂けたのではないでしょうか。

また、金銭面だけではなく、水を買いにいったり、お湯を沸かしたり、備蓄水の管理をしたり、そういった手間を減らして時間を節約できることも、ウォーターサーバーの大きな魅力になります。

安全でおいしい水が飲め、生活が便利になり、さらに節約までできるウォーターサーバー。ぜひ、利用してみてはいかがでしょうか。

ウォーターサーバーおすすめランキングはこちら

比較ランキング

安全性比較ランキング

ボトルサイズ比較ランキング

デザイン性比較ランキング

配送・送料比較ランキング

一人暮らし比較ランキング

機能性比較ランキング

コスパ比較ランキング

電気代比較ランキング

ミルク用比較ランキング

サイズ比較ランキング

賞味期限比較ランキング

PAGE TOP

おすすめウォーターサーバーランキング・人気の宅配水を徹底比較!


ウォーターサーバーの選び方が分からない方必見!ウォーターサーバーのメリットやデメリット、メーカーや機種の特徴を知ると、自分にぴったりなウォーターサーバーが見えてきます。料金や宅配方法、メンテナンス、水の種類などウォーターサーバー選びの際に比較したいポイントと、失敗しないコツをご紹介!