ミネラルウォーターとは

ミネラルウォーターとは

普段何気なく使っているミネラルウォーターという言葉ですが、実は細かい種類に分かれているのを知っていましたか?

「ミネラルが含まれている水でしょう?」と思いがちですが、実は水道水にもミネラルは含まれています。

ミネラルウォーターの意味やその種類、摂取方法を知ると、性別問わず幅広い年代から人気を集める理由が見えてきました。

ミネラルウォーターとは

ミネラルウォーターとは、農林水産省のガイドラインによって分類された4種の水の中のひとつです。

広義のミネラルウォーター類と、狭義のミネラルウォーターと表現が2通りあるため少し複雑ですが、以下のように種類分けがされています。

ミネラルウォーター類 ナチュラルウォーター
ミネラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーター
ボトルドウォーター

まず、ミネラルウォーターを知る上で欠かせないのがナチュラルウォーターです。ナチュラルウォーターは地下水を水源として採水された原水で、沈殿やろ過、加熱殺菌以外の物理的かつ科学的処理を行わないものと定義されています。

そのナチュラルウォーターに人工的な浄水処理や成分調整を施し、品質を安定させるために手を加えたものがミネラルウォーターです。

ナチュラルミネラルウォーターとは、人工的な処理を加えずにナチュラルウォーターに地下のミネラル成分が溶け出した地下水を指します。

ナチュラルウォーター同様、ナチュラルミネラルウォーターは沈殿やろ過、加熱殺菌以外の処理が施されてないので、自然のミネラル成分独特のおいしさが味わえます。

そしてボトルドウォーターは、水道水とナチュラルウォーター、ミネラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター以外に基準をクリアした水で一般的に飲用水として扱われているものです。

ナチュラルウォーターや天然水との違い

ナチュラルウォーターや天然水との違い

ミネラルを含んだ水=ミネラルウォーターと勘違いしやすいですが、水道水や天然水などミネラル成分を含んでいるからといって、全てがミネラルウォーターとは言えません。

水道水は河川や湖、池、地下水を水源とし、浄水場で不純物を取り除き塩素で消毒された水。ミネラル成分は含まれていますが、採水地の観点からナチュラルウォーターとはいえません。

ミネラルウォーターと天然水は違うものであり、天然水と呼べるのはナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターだけ。

市販の天然水は、自然のミネラル成分が豊富に含まれたナチュラルミネラルウォーターなので、厳密にいうと人工的な処理が施されたミネラルウォーターとは別です。

また採水地によってシリカやバナジウムなどを比較的多く含む水であれば、シリカ水、バナジウム水など名称が変わることがありますが、採水地や処理方法が大きく影響しています。

一般的には、水道水以外をミネラルウォーターとして扱っていますが、これだけの種類に分かれるのです。

コンビニで購入できるミネラルウォーター

コンビニで購入できるミネラルウォーター

コンビニやドラックストアで取り扱っているミネラルウォーターの種類は比較的多く、国内外の水はもちろん、中にはフィジー産のシリカ水が置いてある店舗もあるくらいです。

日本では、日本では硬度100mg/l未満が軟水、100mg/l以上を硬水とし、水の硬度で種類を分けている場合もあります。

国や地域によって水の硬度が違うため、六甲のおいしい水やサントリー天然水など国内産の水は軟水、エビアンやコントレックスなど海外が採水地の水は硬水という選び方もできるのです。

「軟水は普段の飲料水に」「硬水はミネラル補給に」と用途によって使い分けされ味がおいしい水としては軟水が人気となっています。

価格面は軟水と硬水で大きな違いはないものの、2,000mlの大容量タイプが人気で流通量も多いため、550mlや1,000mlタイプより安く購入できる場合も。

ミネラルウォーターを生活水や家でおいしい水を飲むために利用する人が多いので、コンビニなどでも軟水の大容量タイプの商品を取り扱う店舗が多い傾向にあります。

ウォーターサーバーとペットボトルの比較

ウォーターサーバーとペットボトルの比較

最近では、赤ちゃんや家族にも安全でおいしい水が飲めるように、ミネラルウォーターや天然水を生活水に取り入れている家庭が増えています。

取り入れ方は店舗や通販で大量に購入したり、家庭にウォーターサーバーを設置するなど様々ですが、毎日家で飲むのであればウォーターサーバーが魅力的です。

ペットボトルタイプは開けるたびに空気に触れるので、雑菌の繁殖の心配がありますが、ウォーターサーバーは水が空気に触れにくい設計。

ウォーターサーバーの方が衛生面で優れており、赤ちゃんがいる家庭でも安心して使用できるのです。

また、いつでも冷水が飲めるだけでなく、コーヒーや赤ちゃんのミルク作りに必要な温水機能もある利便性もウォーターサーバーのメリットと言えます。

ペットボトルタイプとウォーターサーバーを比較すると、赤ちゃんがいる家庭であれば衛生面や利便性で優れているウォーターサーバーを導入する方が安心して使えるでしょう。

まとめ

毎日の生活に欠かせない水の種類や製造方法、成分を知るのはとても重要なことです。

水道水や市販の天然水は、おいしい安全な水としてHPや公式サイトに細かく情報が記載されているので、水の違いを比較するためにぜひ確認してみましょう。

ミネラルウォーターの違いを知ると、喉を潤す以外の魅力が手に入りますよ!

お水のコラム一覧

  1. ウォーターサーバーの配置に疑問を持っている女性
  2. 購入ノルマなしで安心して使えるウォーターサーバーをご紹介
  3. 家庭用ウォーターサーバーの賢い選び方
PAGE TOP