電気代の安いウォーターサーバー比較ランキング

1位 アクアクララ
アクアクララランキングバナー
syousai
koushiki
95点
アクアクララ6つの特徴
電気代 約350円~/月(使用状況により異なります)
ボトル代 900円~/本
レンタル代 無料(メンテのサポート料とボトル代のみ)
送料 無料(一部商品・地域のみ、宅配料がかかります)
メンテ代 1,000~1,500円/月
500ml換算 約64.2円~
アクアクララの特徴

アクアクララのウォーターサーバーには、使用しない時間帯の電力を抑えるタイマー式の省エネ機能が搭載されているので、従来のウォーターサーバーから消費電力を最大約65%削減、電気代による家計への負担が軽減されます。業界でもこれまでにない程の最安な電気代を実現したウォーターサーバーをぜひ体験してみて下さい。

アクアクララの口コミ
こくまろさん
年代:30代
他のウォーターサーバーにはないタイマー式の省エネ機能が興味深いですね。タイマーは同時に2つまで設定ができるので、上手く活用すれば大幅な電気代カットが可能です。私は仕事で家を空けている時間と、就寝中にセットしているのですが、月の電気代が320円程です。思いの外電気代が掛からないので今後もお世話になりたいです。
T.Tさん
年代:30代
豊富なカラーバリエーションと、スタイリッシュな見た目が魅力的でアクアクララを選んだのですが、機能性も充実していて便利ですね。中でも使い勝手の良いタイマー式の省エネモードがとても優秀で、タイマーを2つまで設定ができるんです。家族が寝静まる夜中に設定しているのですが、さらに上手く活用すれば今よりも電気代が抑えられそうです。

アキさん
年代:20代
ウォーターサーバーをあまり使わない時間帯に省エネモードの設定ができるのが嬉しいですね。省エネ運転の設定方法も簡単なので、機械音痴な私でも安心して設定ができました!なめらかな喉ごしの美味しいお水が味わえるだけでなく、家計の負担も軽減してくれる優秀なウォーターサーバーです。とても気に入ってますよ。

業界屈指の電気代を実現した節電機能

2位 うるのん
うるのんランキングバナー
syousai
koushiki
90点
うるのん6つの特徴
電気代 1,000円~(使用状況により異なります)
ボトル代 1385円~/本(プランによって変わります)
レンタル代 無料~(プランによって変わります)
送料 無料~(プランによって変わります)
メンテ代 無料
500ml換算 約57.7円~
うるのんの特徴

省エネ機能が搭載されたうるのんのウォーターサーバーは、全く使用しない外出時や就寝中にエコモードに設定しておけば、消費電力を抑えられるので、ラクラクで電気代の節約ができます。さらに注目すべきは、新サーバーの「Grande」です。従来のサーバーの最大1/3まで消費電力のカットが可能になり月額電気料金が570円までカット。これから人気上昇が期待されるサーバーです。

うるのんの口コミ
智永さん
年代:30代
ウォーターサーバーを長時間使わない時間帯にレバーを回すだけでエコモードに設定できるのが嬉しいですね。設定の方法も分かりやすいですし、モードが変わるとランプの点灯箇所が変わるので、分かりやすくて気に入ってます。月に掛かる電気代は約700円程度。エコモードを活用すれば、もっと節約ができそうです。
畑中さん
年代:40代
長時間ウォーターサーバーを使用しない外出時や就寝中にエコモードにしています。スイッチで切り替えられるので分かりやすいのが良いですね。部屋の明るさを感知して、暗くなると温水ヒーターが自動でオフになるので、かなり便利な省エネ機能です。お湯と冷水が気軽に使える利便性を一度味わうと、元の生活にはもどれませんね。

nissinさん
年代:30代
シンプルなデザイン性で選んだのですが、しっかり省エネ機能がついているのが嬉しいですね。私は長時間ウォーターサーバーを使用しない就寝中に、エコモードに切り替えています。以前のウォーターサーバーで1000円以上掛かっていた電気代が1000円未満に抑えられたのは驚きです。

部屋の明暗で省エネ!簡単設定が便利

3位 クリクラ
クリクラランキングバナー
syousai
koushiki
85点
クリクラ6つの特徴
電気代 平均523円~(使用状況により異なります)
ボトル代 800円~/本
レンタル代 無料(初回金掛かるサーバーもあり)
送料 無料
メンテ代 5,000円/年
500ml換算 約66.6円~
クリクラの特徴

断熱技術の向上により、保温性と保冷性をアップさせたクリクラの新しい省エネサーバーは、従来のウォーターサーバーよりも最大50%の消費電力の削減を実現。家計を心配するママにも安心。少しでも出費の負担を軽減したいといった方にオススメのウォーターサーバーです。

クリクラの口コミ
コジマさん
年代:50代
以前はクリクラサーバーを使用していたのですが、営業の方の勧めもあり現在はクリクラ省エネサーバーを利用しています。最も驚いたのが、以前のウォーターサーバーと比べて電気代が約半分になった事ですね。家計への負担も軽減してくれるので、とても気に入っています。長く続けたいと思っているので省エネサーバーへの乗り換えは正解です!
柴田さん
年代:30代
クリクラは解約金がないので、気軽に利用できると思い契約しました。利用してて思ったことは、コンパクトで省スペースだけでなく、省エネ機能もしっかりしているのが良いですね。クリクラの省エネサーバーを利用しているのですが、従来のクリクラサーバーよりも電気代が半分くらいになったので、得した気分ですね。

館川さん
年代:30代
もともとお湯はケトルなどで沸かしていましたが、ウォーターサーバーの導入に伴いケトルは使用しなくなりました。しかし導入前も導入後も電気代は変わらないので、ウォーターサーバーはケトルの消費電力とあまり変わらないのかと。冷水とお湯が気軽に使えて便利なので末永く使っていきますよ。

従来より電気代半分!家計にも優しい

4位 コスモウォーター
コスモウォーターランキングバナー
syousai
koushiki
83点
コスモウォーター6つの特徴
電気代 約400~1,000円(使用状況により異なります)
ボトル代 1250円~/本
レンタル代 無料~(出荷手数料ありのサーバーも)
送料 無料
メンテ代 無料
500ml換算 約52.0円~
コスモウォーターの特徴

省エネモードになるエコボタンを搭載しているので、全く使用しない外出時や就寝中に設定すれば、ボタンを押すだけで消費電力を従来の60%も最大で節電してくれます。これまでの月額約609円からエコボタン採用で約487円までコストダウンに成功しました。電気代だけでなく設定のカンタンさが女性や高齢者の方を中心に評判が高いウォーターサーバーです。

コスモウォーターの口コミ
武中さん
年代:30代
ボトルを下に設置するタイプだから取り換えが楽だし、衛生面を重視したクリーンシステムや省エネなどの機能性で選びました。ウォーターサーバーのおもてにあるエコボタンを押すだけで省エネになる便利さが良いですね。私は寝る前と外出時にオンにしていますが、月の電気代が450円ほど。想像していた以上に効果があって驚きましたよ。
ヨシノブさん
年代:50代
ウォーターサーバーだけでなく、お掃除ロボットの分の電気代を考えると少し高くなりそうだな…。と言う懸念があったのですが月の電気代は平均して780円程度。使用頻度によってバラつきはありますが、思っていた以上に省エネなので驚きました。お掃除ロボットで部屋も綺麗にしてくれる斬新なサービスのウォーターサーバー、とても気に入ってます。

佐藤さん
年代:20代
エコタイプのウォーターサーバーなので、電気代の節約ができるところが気に入っています。しかもワンタッチで操作が可能なので、就寝前やお出かけの時に気軽に省エネモードに切り替えられるのが良いですね。電気代は月に430円くらいで、想像以上の節約っぷりに驚きました。うまく活用すれば家計の負担が軽減できてハッピーです。

ボタンワンタッチで簡単省エネ設定!

5位 アルピナウォーター
アルピナウォーターランキングバナー
syousai
koushiki
75点
アルピナウォーター6つの特徴
電気代 約900円
ボトル代 948円~/本
レンタル代 617円
送料 無料(一部商品・地域のみ、宅配料がかかります)
メンテ代 無料
500ml換算 約39.5円~
アルピナウォーターの特徴

アルピナウォーターのウォーターサーバーは、電話代よりも徹底的にお水の料金を安くしているのが魅力です。スタンダードな12Lのボトルが948円~とかなり安いのでとっても経済的!電気代とお水代を考えるとアルピナウォーターはトータル的に安くなる可能性大なのでぜひ一度公式サイトで比べてみることをオススメします。

アルピナウォーターの口コミ
ヱビスさん
年代:40代
お水が安価なのでアルピナウォーターを選んだのですが、ウォーターサーバーの電気代が月に900円代と、他のメーカーと比べると少し高い印象があります。ですが、お水を大量に消費する我が家ではボトルの代金が安いのはありがたいです。ノルマがないので好きな時に注文もできるし、自分のペースで利用できるのが良いですね。
tangさん
年代:30代
水道水の安全性に疑問を持ったため、ウォーターサーバーの導入を考えており、友達からの勧めもあってアルピナウォーターを契約。電気代が月900円前後と少し高いのがネックですが、電気ポットを使わなくなったのであまり気になりません。重いボトルは玄関まで運んでくれるし、お水も美味しいので快適な生活が送れますよ。

河田さん
年代:50代
知人から紹介されて、なかなか良さそうだったのでアルピナウォーターを申し込みました。電気代が月に約900円かかるのは盲点でしたが、お水が安いし家の前まで運んでくれる労力を考えるとお得だと思います。温水が使えるので電気ポットを使わなくなりましたし、ペットボトルを買わなくなったので冷蔵庫の開閉も減り、結果的に電気代は安くなりました。

電気ポット要らずで電気代がお得!

6位 フレシャス
72点
フレシャス6つの特徴
電気代 約330円(使用状況により異なります)
ボトル代 897円~/本
レンタル代 無料~(初回のみ or 月々の料金かかる物あり)
送料 無料
メンテ代 無料
500ml換算 約81.0円~
フレシャスの特徴

ウォーターサーバー業界で最もサーバーの種類の多いのがフレシャス。デザイン性もさることながら、コストカットも他に引けを取りません。特に電気代でオススメなのは「carrio(キャリオ)」。従来の電気代を最大70%以上カットしたので、大幅な消費電力の削減が可能。抜群の省エネ性でお財布に優しいフレシャスのウォーターサーバーをぜひ体験してください。

フレシャスの口コミ
庄司さん
年代:30代
どんな場所にも馴染みそうなオシャレなデザインを見て選んだのですが、見た目だけじゃなくて機能性も重視されている点もポイントが高いです。省エネ機能が2つも搭載されているので、我が家では色んな場面に合わせて省エネ機能を使い分けています。一番節約できた月は370円代でした。これからもお世話になりたいメーカーですね。
はらさん
年代:30代
我が家では、長時間使用しない夜間にエコモードとスリープモードを活用して電気代を節約していますよ。部屋が暗くなると自動で節電モードになるのがイイですね!デザインはおしゃれだし、雑味のない爽やかな喉ごしの天然水が楽しめるので一石二鳥です。見た目も機能性も重視した、他のメーカーにはない魅力の詰まったウォーターサーバーですよ。

nobnobさん
年代:30代
省スペースで省エネな点が気に入ったので選びました。とてもコンパクトで置き場所を選ばないし、省エネ機能が2種類用意されているので、簡単に電気代の節約ができます。部屋が暗くなると消費電力を抑えてくれるスリープ機能、温水の温度が少しだけ低くなるエコモード、我が家では両方を上手く活用して369円の電気代で済みましたよ。

電気代約70%カット!オススメ№1

7位 プレミアムウォーター
プレミアムウォーターランキングバナー
syousai
koushiki
69点
プレミアムウォーター6つの特徴
電気代 約1,200円(使用状況により異なります)
ボトル代 1480円~/本(プランによって変わります)
レンタル代 無料
送料 無料(無料配送エリア以外からの注文は送料あり)
メンテ代 無料
500ml換算 約67.5円~
プレミアムウォーターの特徴

いつでも冷温水が使える利便性だけでなく、部屋の明るさを感知して自動で消費電力を調整してくれる、業界初の光センサーを搭載したウォーターサーバーがプレミアムウォーターの最大の魅力です。1日8時間消灯した場合、電気代を従来の約30%カットできます。最新技術と電気代カットを実現した頼もしいウォーターサーバーです。

プレミアムウォーターの口コミ
釜田さん
年代:30代
友人宅に設置されているのを見て、お湯と冷水がすぐに使える利便性とデザインの良さに魅了されて申し込みました。いざ使ってみると、優れた機能性に驚きました。一番うれしいのは、電気代の節約が出来る省エネ機能ですね。センサーで部屋の明かりを感知して、自動で消費電力を抑えてくれるのは画期的です。毎月の電気代を見るのが楽しみです。
秋田のPさん
年代:20代
冷蔵庫や電気ポッドは省エネ機能が搭載されているものが少ないので、部屋の明かりを感知して自動的に省エネモードになるウォーターサーバーは、我が家の電気代節約に一役買っています。美味しい天然水がいつでも味わえるし、いつでも冷水・温水が使える利便性はウォーターサーバーでしか体験できませんよ!

田中さん
年代:40代
最近になって水道水の安全性が気になってきたので、以前から気になっていたプレミアムウォーターを契約。美味しい天然水を気軽に味わえる便利さはウォーターサーバーならではですね。お部屋の明かりに合わせて自動的に消費電力を調整してくれる機能は業界初だそうですよ。便利な省エネ機能のおかげで、月の電気代は約900円ほどで済みます。

電力自動調整!業界初機能で簡単節約

ウォーターサーバーの気になる電気代!節電のコツとは?

ウォーターサーバーの気になる電気代!節電のコツとは?

ウォーターサーバーは購入時だけでなく、使用中にも費用がかかる機器です。サーバーのレンタル費用やウォーター代、配送料、メンテナンス料…そして、忘れてはならないのが電気代です。

毎日の生活で使われる電気代は合算して支払いをするため、つい見落としがちな部分ですが、ウォーターサーバーにかかる電気代は選び方や使い方で、節電することもできますよ!

ウォーターサーバーの電気代を気にする人は多いです

ウォーターサーバーを選ぶ際に、お水の種類やサーバーの機能ばかりに目が行きがちですが、毎月の電気代なども、契約前にしっかりと把握しておきたいところ。

水代やレンタル料金などはメーカーやウォーターサーバーで選ぶことで節約できますが、電気代はサーバー機種によって安くすることができます。

そのため実は、毎月の費用を抑えるために電気代もきちんと確認してからウォーターサーバーを購入する人は多いのです。

ウォーターサーバーに電気が必要な訳

ウォーターサーバーには冷水や温水機能が備わっているので、常温の水を冷やしたり温めたりするのに電気を使います。

また、保温・保冷する維持にも電気は必要なので、24時間ウォーターサーバーを稼働させなければいけません。

停電中でも使えるの?

実は、停電中でもウォーターサーバーを使用することはできます。水の浄化や供給には電気が必要ないので、ウォーターサーバー内のタンクに水が入っていれば、水を飲めるのです。

ただし停電中はタンク内の保温はできないので、時間とともに常温の水へと変化します。冷たさや温かいおいしい水を飲むことはできませんが、停電時や万が一の時の防災アイテムとしても役立つと言えるでしょう。

やっぱり毎月かかる電気代は重要?

やっぱり毎月かかる電気代は重要?

電気代はウォーターサーバーの種類によって違ってくるので、エコモードや省エネ対策が施されているものであれば、より安く抑えることができます。

そのため、電気代が安いタイプを選ぶのも、コスパを意識したウォーターサーバー選びではとても大切なポイントとなるのです。

ですが、電気代が安いメーカーがあるからと言って、そのウォーターサーバーの機種が最も良い商品だとは言い切れません。

ウォーターサーバーの費用は電気代だけでなく水代や配送料、レンタル料金など、他にも数多くのポイントがあるので電気代は安いけど他の費用は高いということもあり得るのです。

電気代はあくまで選択肢のひとつなので、全体的なトータルコスパが抑えられるものを選ぶようにしましょう。

ウォーターサーバーの電気代比較

メーカー毎に取り扱うウォーターサーバーの機種は違うので、省エネ・エコモードの有無などにより、それぞれかかる電気代も変わってきます。

そこで、ウォーターサーバーの電気代だけでいくつかのメーカーを比較してみました。

A社 B社 C社 D社
電気代 約500円~/月 約1,000円~/月 約700円~/月 約400~1,000円/月
省エネ機能

このように各メーカーで電気代は大きく違うのに加え、あくまでメーカー掲載の目安なので使用環境によっても電気代は変わってきます。

電気代だけではA社が最もお手軽ですが、省エネ機能を上手に活用すればB社、D社も安く抑えられる可能性も。また、C社は使う方によってはお得になる反面、割高感を抱く人もいるかもしれません。

私たち利用者の使用環境によっても、違いが出てくるため、実際の電気代を知りたいのであれば公式サイトの情報の他に、利用者の口コミなどを参考にかかる費用をイメージするのも有効です。

各メーカーのウォーターサーバーの特徴や電気代の比較だけでなく、実際に利用している口コミをチェックして確認するのが良いでしょう。

電気ケトルや電気ポット、冷蔵庫と比べると?

水を冷やすのであれば冷蔵庫、温めるのであれば電気ポッドやケトルなど、ウォーターサーバー普及以前から一般家庭に浸透している機器は多くあります。

それらの機器は、ウォーターサーバーと比較して電気代や利便性はどうなのでしょうか?機器ごとにウォーターサーバーと比べてみました。

電気ケトルはコスパがいいけど・・・

0.5~1.2L程度の水を電気で沸かす電気ケトルは、本体価格も2,000円~から販売されており、1Lのお湯を沸かす電気代もわずか3円程度と安いのがメリット。1人暮らしやお湯をあまり使用しない人には、とてもコスパが良いです。

ですが、1度沸かすのに時間がかかり容量も1L程度なので大量にお湯を使う際には向いておらず、保温機能がないので使うたびに沸かす手間がかかります。

かたやウォーターサーバーなら保温機能があるのに加え、ケトルと違って沸かす手間が必要ないので、沢山のお湯を飲むことが可能です。飲む量や使う頻度によっては、ウォーターサーバーの方が電気代も抑えられます。

省エネ機能で節電もできるので、お湯を頻繁に使うのであればウォーターサーバーの方が1人暮らしの人にとっても利便性も高いと言えるでしょう。

電気ポットは保温ができるけど・・・

約2L~5Lの水を電気で沸かし、保温することができる電気ポット。電気ケトルとは違い保温機能が備わっているため、用意しておけばいつでもお湯を使えるのに加え、チャイルドロック機能などの安全対策も施されています。

ですが保温機能がある分、電気代は1日あたり30円と電気ケトルに比べると高くなり当然、冷水を作ることはできません。

ウォーターサーバーならば温水や冷水を同時に作れるだけでなく、省エネ機能の充実により、機種によっては電気ポットよりも電気代を抑えることが可能。

チャイルドロック機能があるタイプを選べば、小さなお子様がいる家庭でも安心して使用できます。そのため、ウォーターサーバーの方が電気代や機能性で優れていると言えるでしょう。

冷蔵庫は大量の食品がかさばる事も・・・

冷蔵庫で冷水を作る場合は、容器に水を入れて冷蔵庫に入れておく必要があります。ですが、冷蔵庫は大量の食品を保管しなければならないので、水を冷やすことで食品を保管するスペースがなくなってしまうことも…。

しかも、冷蔵庫に食品を詰めすぎると冷却効率が下がり、余計に電気代が高くなってしまうので、詰め込み防止の為にも水は別に冷やしたいところでもあります。

そこで、常に美味しい冷水を飲みたいのであれば、ウォーターサーバーがオススメ。冷蔵庫のスペースも取らず、冷水だけでなく温水も短時間で作ることができるので、手間が省けてとても便利です。

ウォーターサーバーの電気代を節電したい!

省エネやエコモード搭載のウォーターサーバーの登場により、従来のウォーターサーバーよりもさらに電気代を安く抑えられるタイプが増えています。

とは言え、利用する私たちの少しの工夫で、さらに電気代を安くすることもできるのです!少しでも節電したい人に向けて、ウォーターサーバーの省エネモードとオトクな小ネタを紹介していきます。

節電するなら省エネモードは必須

省エネモードとは、使用しない時にタンク内の水の保温温度を調節することで、消費電力が削減できる機能。

機種によって、時間帯や部屋の明るさなどボタンによるモードの切り替えが可能で、使わない時に省エネモードにすれば電気代の節約になってくれます。

また、タンク自体の保温性能を向上させることで、保温による消費電力を抑える方法を採用しているメーカーもあり、節電方法の取り組みも各社の特色が出ています。

省エネモードの有無は直接、電気代を左右してくるので、これからウォーターサーバーを購入する人なら、ぜひ省エネモード搭載のタイプを選ぶのが良いでしょう。

サーバーの設置場所にも気をつける

ウォーターサーバーは水を冷水・温水にする時と、水の温度を一定に保つために保温する際に電力を使用します。

そのため、タンク内の水温変化が少なければその分、保温するための電力消費は抑えられ節電に繋げることができます。

水温変化を意識した節電方法で有効なのが、ウォーターサーバーの設置場所です。温度差のない室温に設置するとタンク内の水の温度変化も少なくなるので、保冷や保温分の電力消費量を削減できます。

高い電気代を少しでも安くしたいのであれば、直射日光が当たらず温度差のない部屋にウォーターサーバーを設置すると良いでしょう。

要注意!ウォーターサーバーの節電ウソ・本当

電気代を少しでも安く抑えるために色々な方法を試みる人は多く、ネット上でも「節約術」としてよくネット記事やブログでも紹介されています。

実際に節電対策に有効な情報もある反面、中には効果がないだけでなく、余計に電気代がかかってしまう間違った方法もあるので注意が必要です。

こまめにコンセントを抜くのが良い?

こまめにコンセントを抜くのが良い?

こまめにウォーターサーバーのコンセントを抜くと節電になる…のは嘘!

2週間以上の外泊などであれば有効ですが、わずかな時間使わないからといってコンセントを抜くのは、余計に電気代がかかってしまう恐れがあります。

その理由は、コンセントを抜くと保温機能が停止してしまい、タンク内の水温が変化するため。再びコンセントを刺せば、変化した水温を設定温度に戻すために余計、電力を消費するのです。

睡眠時や使用しない時間はコンセントを抜くのではなく、サーバーに備わっている省エネモードなどを活用し節電するようにしましょう。

電気ポットや冷蔵庫に移した方が良い?

電気ポットや冷蔵庫に移した方が電気代の節約になる…というのも嘘!

温度管理込みでウォーターサーバーの電気代は算出されているので、わざわざ保温や保冷のためだけに、移し替えるのは節電にはなりません。

水を取り出して冷蔵庫や電気ポットに移すのは手間がかかるのに加え、ウォーターサーバーを使用するのであれば、電気ポットは使わない方が節電になるのです。

もちろん移し替えたウォーターサーバーのコンセントを都度、抜き差しするのも節電とは言えません。

サーバーや水の種類も影響する?

床置や卓上のサーバー、ワンウェイやリターナブルなど水の種類が電気代に影響する…というのも嘘で、給水用ボトルや水の種類で電気代は変わりません!

電気代は床置や卓上といった形ではなく、サーバーに省エネ機能や内部タンクの保温性の有無などで変わってきます。

そのため「天然水だから電気代は高い」「節約するならRO水」ということも一切当てはまりません。

公式サイトの電気代は嘘?!

公式サイトが発表している電気代は…実は、嘘とも本当とも言い切れないのが本音。

公式サイトの情報は、あくまで試算なので使用人数や頻度、設置場所の環境などにより電気代は変化するので目安というのが正しい表現と言えます。

月々の電気代を知りたいのであれば、似たような環境で使用しているレビュー記事や電気代を無料でシミュレーションできるサイトなどもあるので、それらを参考に算出するのが良いでしょう。

当サイトには、ウォーターサーバーのメーカーを様々な項目で比較している記事や、使用感などの口コミも多く掲載しているので、ウォーターサーバーの購入を検討されている人は、ぜひ読んでみるのをおすすめします。

まとめ

お水の値段やサーバーのレンタル料金ばかりを意識しすぎて、意外と見落としがちな電気代。ウォーターサーバーを24時間稼働させなければならないので、電気代が高くなりがちな印象を受けますが、エコモードや省エネ対策されているウォーターサーバーを選ぶと電気代は大きく変わります。

サーバーに電気代節約に必要な機能が搭載されていると言って過信しすぎるのではなく、温度差のない室温に設置したり、直射日光が当たらない場所に設置するなど、利用者の細かな気配りも必要です。

また、トータルコストを重視する方は、ウォーターサーバーにかかる電気代の他にもお水やレンタル料金なども視野に入れてウォーターサーバーを選びましょう。

当サイトには、ウォーターサーバーのメーカーを様々な項目で比較している記事や、使用感などの口コミも多く掲載しているので、ウォーターサーバーの購入を検討されている人は、ぜひ読んでみるのをおすすめします。

比較ランキング

サイドバー安全性比較ランキング

サイドバーボトルサイズ比較ランキング

サイドバーデザイン比較ランキング

サイドバー配送・送料比較ランキング

サイドバー1人暮らし比較ランキング

サイドバー機能性比較ランキング

サイドバーコスパ比較ランキング

サイドバー電気代比較ランキング

サイドバーミルク用比較ランキング

サイドバーサイズ比較ランキング

サイドバー賞味期限比較ランキング

水素水比較ランキング

サイドバー飲料水素水比較ランキング

サイドバー水素サプリ比較ランキング

サイドバー水素生成器比較ランキング

サイドバー水素水タンブラー比較ランキング

サイドバー水素水サーバー比較ランキング

サイドバー水素入浴剤比較ランキング

サイドバーペット用水素水比較ランキング

お水のコラム一覧

  1. 購入ノルマなしで安心して使えるウォーターサーバーをご紹介
  2. 家庭用ウォーターサーバーの賢い選び方
  3. ウォーターサーバーをキャンペーンで比較してみよう
PAGE TOP